不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

回顧録

偏差値35から62へ、紆余曲折2年間の回顧録を書いていきます。平日16時にアップする予定です。

新小6スタート。最初の組分けテスト結果。異動した先生に届けたい、理科への思い。

<組分けテスト小6第1回> ギリギリの組分けテスト対策、クラスアップからクラスダウンの話。 慌ただしい日々が続いた。 テスト当日まであっという間だった。 先月、小5最後の組分けテストが終わってから もう何か月も経ったような気がした。 当日の娘は落ち…

新小6スタート。小6最初の組分けテスト対策_算数

<小6最初の組分けテスト算数対策> 算数の範囲は「文章題」「規則性」「平面図形」「場合の数」だった。 今回は揃いも揃って娘の苦手な単元ばかりだ。 「場合の数」は答えが出るまでに時間がかかる忍耐力勝負だし、 「規則性」は解いている最中に混乱しやす…

新小6スタート。小6最初の組分けテスト前

<クラス変更前の組分けテスト> クラスを移る前に公開テスト前があった。 娘が長い間無気力無表情だったので、 最近のYT週テストを考えると、あまりうまくいっていなかったのだが もうすぐK先生のところに戻れるのだから頑張ろうじゃないかという話になって…

新小6スタート。クラスダウン決定後。K先生に本音をぶつける。

<クラスダウン決定後。K先生に電話をする> クラスダウンすることが決定した後、私はすぐにK先生に電話をした。 トップクラスに上がってからも、何度か路上でK先生とお会いする機会があった。 「どうですか?満月は?頑張っていますか?」と先生がおっしゃ…

新小6。スタート。適したクラス。適した先生。クラスダウンを決意した日

<約束の1ヶ月。クラスはどうするか> いよいよトップクラスの算数の先生に質問できる日が来た。 どれを質問しようか迷っていたが、付箋がついた問題から自分選んでみるというので任せることにした。 帰宅は思いの他遅かった。 「ただいま」と言った娘はいつ…

新小6。YT週テスト第1回から第3回。娘自身には今どれ位の実力がついているのだろう。

<新小6、YT週テスト第1回~第3回の結果> ここで一度小6最初の頃のYT週テストの結果をまとめる。 <YT週テスト第1回(Cコース)の結果>算数 58点/100点中 順位811/1211人中 偏差値45.35国語 82点/100点中 順位493/1211人中 偏差値53.34理科 59点/ 70点中 …

新小6スタート。娘と約束した「1ヶ月」。娘と私、それぞれが動き出す。

<約束の1ヶ月をどう過ごすか> 私は週テストに再び注力することにして授業で習った全てを理解しようとすることはやめた。 ノートも全て取れていないし、授業も理解できていないのでとてもではないが、追いつけない。 それならば、もう高望みはやめよう。 基…

新小6。闇に落ちていく娘。今すぐ助けるべきか、もう少し見守るべきか。

<精神的に落ちていく娘> 娘は理科のK先生の異動もあり、トップクラスになってついていけず、質問もできず、孤独感や疎外感もあり今までの元気が、みるみるなくなっていった。 今までの様に、何とか食いついてやる!と言った意気込みがない。 授業中寝てし…

新小6スタート。トップクラスになった途端、突然出てきた「雙葉」というワード。

<雙葉という言葉> この頃からだ。 なぜだか娘に対し「雙葉」という言葉がかけられ始めた。 最初は事務長さんとの会話の中だったらしい。 「満月は雙葉が合いそうだね」 何のことだか分からなかった娘は家に帰って私に話した。 「雙葉中は御三家の一つだよ…

新小6。理科、想定外のショックなできごと。大きくバランスが崩れていく。

<理科のK先生が・・・> クラスアップして初のK先生の理科の補習の日だった。 算数と国語が厳しい状態になったとしても、 とりあえず理社は今までと変わらないので、娘にとって『心の逃げ場』はあるということも、クラスアップすることに承諾できた理由だ。…

新小6スタート。トップクラス初めての授業。

<トップクラス初めての授業> クラスアップ後、まずは算数の先生にご挨拶に行った。いつも通りの流れだった。 「はじめまして、満月の母です。今後娘が質問に伺うこともあるかと思いますが、何卒よろしくお願いいたします」 と私は言った。 しかし先生は 「…

新小6直前期。クラスアップの話。娘の意見を聞く。

<どうするクラスアップ> K先生のおっしゃった 「お母さん、『かわいい子には旅をさせよ』という言葉があるじゃないですか。 満月にも旅をさせましょう。」いう言葉に、私は返すことができなかった。 娘は何と言うだろう。 そういえば今のクラスに上がって…

小5、1月。最後の組分けテスト後。一本の電話から大きな渦に飲まれていく

<小5最後の組分けテストその後> 前回までの話。 www.mangetsu-mama.com そう、幸せな日々だったのだ。 一本の電話がかかってくるまでは。 その電話はある日突然かかってきた。 電話番号を見ると早稲田アカデミーとわかる。 何だろう。 「はい、満月です」…

小5、1月。最後の組分けテスト。2科目偏差値65を超える。

<小5、最後の組分けテスト偏差値。1年前との比較> 最後の組分けテストは自己採点より国語が高く、思った以上の偏差値が出た。娘は飛び上がって喜んだ。 点数と偏差値、その横に『→自己ベスト』と書いた付箋を握り先生のところへ飛んで行った。 算数 160点/…

小5、1月。最後の組分けテスト自己採点_2。気になる算数の結果

<小5最後の組分けテスト自己採点_算数> 最後の自己採点は算数だった。 あまりに怖いので、「どうだった?」と手応えを聞く。 「168点分書いたけど、一問は、時間が足りなくて自信がないから160点分書いたって感じかな」 そう言った娘の顔は冷静だった。 前…

小5、1月。最後の組分けテスト。自己採点_1。ようやく芽が出た国語。

<小5最後の組分けテスト。自己採点> 私は耳栓をして寝ていたので、娘の帰宅にも全く気が付かなかった。 誰かが体をゆする。 目を明けるとすぐそこに娘の顔があるので思わず「ひゃっ」と声を上げてしまった。 「具合悪いの?」と娘が心配そうな顔をした。 …

小5、1月。小5最後の組分けテスト当日。やはり起こした腹痛問題。

<小5最後の組分けテスト当日。やはり起こした腹痛問題> 小5最後の組分けテスト当日の朝、娘は腹痛を起こした。 折角、YT週テストを始め、毎週テストを受けることにより 完全に克服したかのように思えた腹痛・お腹下し問題だったが インフルエンザでテスト…

小5、1月。最後の組分けテスト。『小5最後の偏差値が、小6最後の偏差値に直結する』という伝説を聞く。

<都市伝説。『小5最後の偏差値が、小6最後の偏差値に直結する』> 欠席中の算数の授業は主に今までの総復習だったようだ。 Sちゃんにノートを書いてもらってルンルンの娘は大いに張り切っていた。 こうした一つのきっかけにより、アクセルが全開になるとこ…

小5、1月。インフルエンザからの復帰後。休んだ分のノートはどうしよう。

<インフルエンザ復帰後。欠席分のノートはどうしよう> 発熱し、言葉も発せられなくなるほどの状態から 少しずつ回復したので、体力が低下は覚悟していた。 再びハードな日常生活に戻ったところで、 よろよろとした一週間を過ごすだろうことを考えていたが …

小5、1月。インフルエンザ回復期。組分けテストへの不安。塾への不安。

<インフルエンザ回復期、じりじりとせまる組分け恐怖> 幸いなことに、学校からは「特に宿題はしなくて良いです」と言っていただけた。 インフルエンザの療養中なので当たり前と言えば当たり前だが それだけでも気が軽い。 安心して、療養と受験勉強だけに…

小5、1月。インフルエンザ回復期。少しずつ勉強を再開したいが、頭がちっとも働かない

<インフルエンザ回復期。少しずつ勉強を再開する> 少しずつ国語と理科と社会、そして今まで習った分の算数に着手を始めた。 国語は物語・小説だったが、長文は、読む気力と体力がまだないので後回し。 漢字や知識、語句の意味について少しだけ勉強する。 …

小5、1月。インフルエンザその後の経過。

<インフルエンザその後> ウイルス性胃腸炎の時と違い、インフルエンザの復活は遅かった。 光で目がまわりそうで、テレビを見る気にもならず細かい字を読む集中力もなかった。 少し本を読んでは眠気が襲い、眠ってしまう。そんな生活を繰り返していた。 雪…

小5、1月。インフルエンザ療養。頑張った雪の日。

<大雪> ふと目が覚めて違和感に気が付く。 音がしない。静かだ。 のどが渇いたので水を取りにベッドを出る。 いつもより部屋が暗い。 天気は良くないのかもしれない。 廊下に出ると、それこそ身震いするほどの寒さが襲ってきた。 ここでようやくハッとして…

小5、1月。検査結果。母娘二人揃ってインフルエンザに罹患する。

<インフルエンザ> 翌朝一番で病院へ行った。 ずっと娘と一緒にいたことや、私の体調も優れないことを話すと 私も同時に検査していただくことができた。 結果は案の定、二人ともインフルエンザ陽性だった。 気が張っていて昨日は気が付いていなかったが、私…

小5、1月。突然の発熱。

<突然の発熱> 日曜日の夜のことだ。 娘がほとんど口を利かなくなった。 機嫌が悪いのかと思うとそうでもない。 勉強も、ぼーっとして机に座ったまま腕は動かない。 食事の時間になったので、夕食を出すが、 「ごめんね、もう食べられない」と言ってほとん…

小5、1月。YT週テスト第17回Cコースの結果

<YT週テスト第17回結果。ようやく芽が出た国語> <YT週テスト第17回(Cコース)の結果>算数 71点/100点中 順位445/1028人中 偏差値51.4国語 73点/100点中 順位241/1028人中 偏差値57.01理科 60点/ 70点中 順位635/1028人中 偏差値48.56社会 60点/ 70点中 …

小5、1月。YT週テスト第17回理科の単元「ばね」。娘の自発的な行動を嬉しく思った日。

<YT週テスト第17回 理科 「ばね」> YT週テスト第17回の理科は「ばね」だった。 「ばね」は私にとって好きな単元だった。 娘に教えることを楽しみにしていたが、 娘も「ばね」は好きなようで、今回は授業内でも、ほとんど理解してきたようだ。 授業から帰宅…

小5、1月。朝のママ塾、国語。説明文・論説文

<国語 朝のママ塾 説明文・論説文> YT週テスト第17回は算数が図形の移動、国語は説明文・論説文、理科がばね、社会が昭和だった。 ようやく算数のK先生の授業にスムーズについて行けるようになり、 臆することなく先生に質問できるようになった上 宿題を滞…

小5、1月。現役大学生から中高一貫校時代のお話を伺う。

<現役大学生から伺えた在学時代の様子> 働き始めた職場で大学生の方と知り合うことができた。 当時、青山学院大学の学生さんだった。 とても優しい方で、青学愛について沢山お話を伺えた。 素晴らしい学校で本当に受験してよかったし、 中学校・高校と楽し…

小5、1月。クラスアップ試行錯誤の間のテスト結果。YT週テスト第16回。志望校判定テスト第2回の結果

<小5、クラスアップに慣れようとしている間のテスト結果> クラスアップして、必死にK先生の教える算数についていこうと 必死だった間にも、週テストと志望校判定テストが行われていた。 授業についていくことで精一杯だったので、 テストの結果はいつもの…