不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

回顧録

偏差値35から62へ、紆余曲折2年間の回顧録を書いていきます。平日16時にアップする予定です。

小5、秋。共立女子中学校の文化祭2。ぎっくり腰

<共立女子中学校 文化祭とぎっくり腰> 昨日までのあらすじを少し書く。 私達は、共立祭と呼ばれる共立女子中学校の文化祭に来ていた。 それぞれのブースを楽しんでいたが、ふと陸上部のブースにある肺活量測定器が目に付いた。 私は肺活量には自信があった…

小5、秋。共立女子中学校の文化祭。肺活量測定器に燃える

<文化祭見学 共立女子中学校。肺活量測定器に燃える> 初めてのYT週テストの翌日曜日は、 共立祭という、共立女子中学校の文化祭に行った。 共立女子中学校は担当の算数のH先生と国語のY先生が娘に合っていると面接でおっしゃった学校だ。 本来であれば、先…

小5、10月。初めてのYT週テストの偏差値。

<初めてのYT週テストの偏差値> 初めてのYT週テストを受け、その結果に喜んだ二人だったが、偏差値は更に喜ばしいものだった。 算数 85点/100点中 順位35位/1707人中 偏差値68国語 66点/100点中 順位825位/1707人中 偏差値51理科 58点/70点中 順位95位/1668…

小5、10月。初めてのYT週テスト。娘が帰宅する。自己採点の結果。

<初めてのYT週テスト。娘の帰宅> 時計を見ると16時頃だった。 つい寝てしまった様だ。 土曜日の午後に眠るなんていつぶりだろう。 つくづく思う事だが、受験の伴走は体力勝負で 仕事の疲労とは、また別の大変さがある。 仕事よりも受験の伴走の方がずっと…

小5、10月。YT週テストの始まり。試験当日の朝。

<初めてのYT週テスト当日> そして週テスト当日を迎えた。 当日の流れは14:15~14:25 表彰・受験登録14:25~15:45 算国テスト15:50~16:30 理社テスト16:35~18:00 単元まとめ授業(2科目) ということだった。 まだ小5だったこともあり、土曜日に4…

小5秋。YT週テストが始まる。試験前日のキレた娘、その後の展開。

<キレた娘とその後の展開> 私はキレて暴れている娘が怖くて寝室に逃げ込んだ。寝室に逃げ込んだ私を追いかけてきた娘が、ドアを開けようとする。 私は内側から必死にドアをおさえた。それでも娘の力の方が強くてとうとうドアが開いてしまう。 本当に怖かっ…

小5、10月。YT週テストの始まり。パパ塾のお別れと荒れ狂う娘。

<YT週テストの始まり> 組分け騒動が終わったと思ったら、今度はYT週テストの始まりだ。 娘は緊張すると、腹痛を訴える。そして、その後ほぼ100%お腹を下す。 それならば、試験の回数を増やして、少しでも試験に慣れてもらおう と思ったことがきっかけだっ…

小5第6回組分けテスト偏差値。

<小5第6回組分けテスト偏差値> 小5第6回組分けテストの最終的な結果。 算数 96点/200 2555人/5274人中 偏差値49 国語 95点/150 2942人/5274人中 偏差値49 理科 69点/100 1806人/5047人中 偏差値54 社会 52点/100 2792人/5047人中 偏差値49 4科目偏差値 50 …

小5第6回組分けテスト後。娘の成長を感じた一幕。立ち上がれ!

<組分けショックから立ち上がる> 娘は早稲アカから帰宅すると、随分落ち着いていた。 「あのね、今日お弁当の時間にH先生が来てね。『満月ちょっと来て』って言って」 「この間の組分けテストの問題を預けたよ。 多分どこで間違えたか見てくれるんだと思う…

小5。第6回組分けテスト後。勇気を出してH先生に電話をすると、意外な返事が待っていた。

<H先生に謝罪とお願いの電話をする> 算数の組分けテストの結果は、目標点より50点以上の差が開いてしまった。 それどころか前回よりも更に20点下がった。 算数は200点満点なので、半分も取れなかったことになる。 どうやって元気づけたら良いのだろうか。 …

小5第6回組分けテスト、自己採点の結果。

<小5第6回組分けテスト自己採点の結果> 娘が落ち着いてから、自己採点をした。 「何から採点する?」と聞くと「理科」と即答する。 さっきまで泣いていたので、算数が以外がどうなったのかまだ知らない。 悪かった算数の結果を引きずらずに、他の科目もで…

小5第6回組分けテスト。帰宅後の娘の様子。泣きたい時は思い切り泣いたら良いのだ。

<帰宅後の娘> 「おかえりなさい」と言うなり娘は泣き出した。 夫が「後は頼んだ」と目配せして、手を洗いに行く。 「どうしたの」と言って娘がベイマックスと呼んでいるフワフワの服で抱きとめる。 フワフワの服の下から、小さい声で娘が言う。 「嫌な予感…

小5第6回組分けテスト。いよいよ迎えた当日の朝。

<小5第6回組分けテスト当日> そして組分けテスト当日を迎えた。 娘はまた腹痛を訴えてきた。これは治療していた胃腸炎ではなく、いつもの緊張から来るものだろう。 病院でいただいた薬がまだ残っていたので、冷ましたお湯と共に渡す。 ただ、顔色はそれほ…

小5第6回組分けテスト、直前のレベルアップ授業にどうしても出たいという娘の要望

<組分けテスト直前、どうしてもレベルアップ授業が受けたい> お医者様から治癒証明書を出していただいた日は早稲アカの算数のレベルアップ授業の日だった。 治癒証明書を出していただいたものの、 それは、ほとんど食べていないからであって 決して元の体…

小5、第6回組分けテスト直前の胃腸炎。出席停止の日々

<組分けテスト直前の胃腸炎、出席停止の日々> お医者様に言われた通り、最初は絶食だ。次に重湯。重湯からお粥、お粥からうどん、 柔らかく胃腸に負担がないものを、少量ずつ食べていく。 娘の「塾を休みたくない」という気持ちは変わらない。毎日、早稲ア…

小5第6回組分けテスト直前のトラブル。胃腸炎と夫婦喧嘩

<組分けテスト直前のトラブル。胃腸炎と夫婦喧嘩> そんな矢先のことだった。 娘が「学校でずっとお腹が痛かった。お腹を壊して保健室にも行った」と言う。 「今日の塾は休みたくないから行くけど、 お弁当を食べたら、またお腹を壊しちゃうかな」と娘が言…

小5第6回組分けテスト前。理科、社会の勉強の様子。

<小5第6回組分けテスト前> 今回の組分けテストの理科の範囲は、「地球と太陽(1)」「地球と太陽(2)」「水溶液の濃さ」「動物のヒトの誕生」だった。 地球と太陽は娘がかなり苦戦した単元だし、私も説明しながら、どうも混乱してきてしまう。 二人で予習…

小5第6回組分けテスト前。小4の頃、娘の人生を変えたY先生との一コマを思い出す。

<近づく組分けテスト。娘を変えた小4のエピソードを思い出す> 休む間もなく、次の組分けテストが近付いていた。 夏休み明けの生活に慣れることで、精一杯な9月だった。 来月からはYT週テストが始まる。一ヶ月単位の今の組分けテストのペースですら早く感じ…

小5秋。法政大学中学高等学校説明会。

<法政大学中学高等学校説明会> ママ友さんの話を聞いて、大学附属について改めて考え始めた。どこの学校の説明会でも、早稲アカの説明会でも、附属校が人気であることは聞いていた。 しかし、香蘭女学校の立教枠を知って、ウキウキと帰宅した後娘に大学附…

小5秋。ママ友さんのお話から、大学付属について考える

<受験の親と志望校選び、大学について考える> 早稲アカの娘のクラスメイトのお母様で、私がとても尊敬している素敵な方と、偶然お会いする機会があった。 学校見学の話になった。 東京近郊には学校が多すぎるし、一体最終的にどれ位の偏差値になるか、見当…

小5。吉祥女子中学・高等学校オープンキャンパス

<相性とは何だろう。吉祥女子中学・高等学校オープンキャンパス> 少し時期は異なるが、頌栄女子学院や、鷗友学園女子と同じ、四谷大塚偏差値60位のレベルとして吉祥女子中学も気になっていた。 こちらも、娘が到底かなう偏差値の学校ではないが半数が理系…

小5。鷗友学園女子中学校の学校見学その2

<鷗友学園女子中学校見学 その2> 鷗友学園は理科にも力を入れているそうだ。 実験教室は、物理室、化学室が2つ、生物室、地学室と5つもある。それぞれの部屋に適した実験器具を備えている。 廊下には解剖された生物のホルマリン漬けがあった。娘が興味深く…

小5。鷗友学園女子中学校の学校見学その1

<鷗友学園女子中学校の見学1> 鷗友学園女子中学校がずっと気になっていた。 娘の偏差値では到底及ばない学校であることは分かっているが、 あらゆる層の学校を見て回りたかった。 鷗友学園女子中学校は、 校内見学やオープンキャンパス、説明会、何度も申…

小5_秋。普連土学園中学校の説明会。運命の相手との最初の出会い

<普連土学園中学校との出会い> 予約していた普連土学園の学校説明会の日がやってきた。 普連土学園は口コミで知った学校で、田町から徒歩10分程度と立地も良い。 キリスト教フレンド派・クエーカー系の学校で、 元アメリカ大統領のオバマさんのお嬢さんも…

小5の秋から受験当日。K先生との出会いによって変わったこと。考える理科。

<K先生との理科の補習、その後のできごと> 月曜日は夫が迎えに行くことが多かった。 ある日夫がこう言った。 「あのさ、山のフドウって知ってる?」と私に聞く。 「え?山のフドウ?北斗の拳の話をしているの?」と聞くと 「そうそう!」と夫が言う。 「と…

小5秋。理科の補習が始まる。先生への気持ちを伝える心がけ

<早速始まったK先生の補習> 迎えに行った夫の話によると初日から、早速みっちりと教えて下さったらしい。 そして、大層幸せそうに仲良く先生と一緒に出てきたのだそうだ。 夫とも話をしたが、 「俺も先生と話したけど、背が高くて体が大きい先生で 話し方…

小5秋。理科のK先生との初めての電話。先生が神様に思えた日。

<理科のK先生との電話> 早稲アカの先生は、授業の合間に折り返しの電話をかけたり 生徒の質問対応をしたり、かなりお忙しい。 なかなか電話が繋がらないものなのだが この時は、すんなり先生に電話が繋がった。 「小5理科の満月の母です。いつもお世話にな…

小5秋。進まなくなる理科。どうやって抜け出したら良いのだろう。自分の不甲斐なさに悩む。

<理科について> 志望校判定テスト後、改めて理科について悩んでいた。 不思議なものだ。今だったら、間髪入れずに早稲アカに電話し、先生に相談すると思う。 しかし、その頃は考えつきもしなかった。 なぜなのか分からない。 私はそもそも、人と話すことは…

小5 9月。志望校判定テストの結果

<志望校判定テストの結果> 帰宅後の娘は「初めて受けたから、できたかできなかったか分からない。 理科は難しかった。お腹はこないだの組分けテストほどひどくならなかったよ」と言っていた。 腹痛緩和が嬉しかった。さらに、腹痛で済んで、下さなかったこ…

小5 9月。志望校判定テストの朝。

<志望校判定テスト> 9月は夏休み後の日常に「慣れ」ようとしている間、瞬く間に過ぎていった。 少しずつ私が「起きなさい!」と、朝から大声で起こす割合も減ってきた。 ゆっくりではあるものの、元の環境に適応し始めた様だ。 そんな中、志望校判定テスト…