不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

【週末番外編】受験前の皆様に役立ちそうな小話10_おまじない前編

<受験のおまじない1>


 
回顧録をご覧いただきまして、ありがとうございます。
週末は回顧録とは別に、『受験前の皆様に役立ちそうな小話』を書いていこうと思います。

受験が近づいてきましたので、今日は受験にまつわる『おまじない』について、書いていきますね。

昔から色々ありますよね。
実際に私達が試したものを、今日と明日で幾つかご紹介します。

まず、イメージ写真。
第一志望の学校の前で、事前に写真を撮る方が、いらっしゃるそうですね。
待ち受けにすると良いという記事も読みました。
私達もそうしたかったのですが、娘の志望校は警備員さんがいらっしゃり、気軽に写真を撮って良いかわからず、結局撮れずじまいでした。

それを、娘が母に嘆いていたようで、母が制服の写真の上に娘の顔写真を貼り付けた、とてもアナログな手作り写真を作ってくれました。
 
折角なので、自宅で拡大コピーしてクリアファイルに入れ、好きなところに置く様に娘に言ったところ、勉強机の前や、テキストのある本棚に置いていました。
更にA3に拡大したものを寝室の天井にも貼っていました。
 
寝室に貼っていることは聞いていなかったので、ある日、何のけなしに天井を見上げた瞬間、巨大サイズの娘がこちらを見ていて、びっくりしたことをよく覚えています。
 
後で娘に話を聞くと、ベッドに横になる時、自分が志望校の制服を着ている姿をイメージし「絶対に合格するぞ」と思いながら、眠りたかったのだそうです。
 

次に受験票について。
塩を山盛りにし、受験票を立ててお清めをするという、おまじないの記事も見つけたので、1月校の受験の時から試してみました。

大事な受験票が塩でよれてしまうのが不安だったので、ラップにくるんで、神社でいただいた塩に挿してみました。

これが、なかなか上手くいかないのです。初回は苦戦。
まず、塩がさらさらして、流れてしまうのですよね。
結局、霧吹きに水を入れて、少し塩を湿らせ、塩の山が渇いた頃、受験票を挿すことで上手くいきました。
 
しかし、受験票が立つ程のお塩となると、一回の消費量はかなりのもの。
翌日慌てて神社に駆け込み、追加のお塩をいただいたりもしました。
 
1週間前から立てていたので、受験票が、じっと、こちらを見ている様子は、かなり緊張感があり、良かったと思っています。
 
初詣に行かれる方、お祓いのお塩がありましたら、ついでにいただいておくと、よろしいかもしれませんよ。
 
続きはまた明日書きます。
 

にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ