不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

苦言も甘んじて受け入れる。覚悟を決めて向かった早稲アカ個人面談1

<初めての早稲田アカデミー個人面談1>

早稲田アカデミーから個人面談のお知らせが来た。
先生にお会いするのは、入塾テスト後の面談以来だ。
 
何も知らず、知らなかったがゆえに、強気でもう一つ上のクラスに入れて欲しいなどと言ってしまった。
 
その後で、娘の現在の力を思い知らされた。
今となっては恥ずかしい。
 
また、厳しいことを言われてしまうんだろうか。
一度だけ行った別の個別塾のように、受験そのものが、この子には厳しいと言われるんだろうか。
 
今のままでは、入れる学校はまずありませんと言われるのだろうか。

よくブログで見かけるように、蛍光ペンでラインをひかれ、「これ以下の学校で考えてみてください」と、言われるのだろうか。

始めるのが遅かったことを、改めて指摘されるのだろうか。
 
今夜は落ち込むんだろうなと、覚悟を決めて向かった。
 
国語の先生は女性で声が大きく、はきはきとしている。
怒る時は厳しく、普段は優しいと、娘は大好きだった。

授業が面白いとか、シールが沢山もらえたとか、授業の様子もよく話してくれた。
そのM先生が案内して下さった。

先生は案内の途中、「すみませんね。クリスマスなのに」とおっしゃった。
「いえいえ、むしろすみません。クリスマスなのに面談していただいて」と私も答えた。
申し訳ないのはこちらの方だ。

受験生にはクリスマスも正月もない。
先生こそ大変なのに、お心遣いが有難い。
 
算数の先生は、以前早稲アカ入塾テストでお話いただいた先生だ。
その後、クラスアップをしつこく交渉してしまったので、気恥ずかしい。
 
今日は、きっとこの算数の先生から、厳しいご意見がでるだろう。
覚悟を決めておこう。
 
面談は面談室ではなく、教室で行われた。

早稲アカの教室の雰囲気は昔と変わらない。
教室は縦長で、中央の通路を挟み、左右2人掛けの椅子が何列か続く。

私も早稲アカ卒業生なので、雰囲気を思い出して、少し懐かしい。
 
早稲田アカデミーの面談は、国算二人の先生と親で行うようだ。
先生が二人横並びに、向かいに親が並ぶ。
 
先生の手元には資料のようなものがある。
いつになく緊張した。
 
口火を切ったのは算数の先生だ。
「国語担当のMとも話していたのですが、お嬢さんは大変集中して、授業を聞いています」とまず、お褒めいただいた。

「授業内は、一つ一つの説明を丁寧に聞き、うなずいたり、不思議そうな顔をしたり、顔によく出るのでこちらとしても、状況が把握しやすいです。」

「ノートも熱心に取っていますし、授業中問題を出しても、可能な限り答えようとしています」
 
夫も真剣に話を聞いている。
 
なるほど私に言われたからノートを取っているわけでもなく、自ら積極的に授業にのぞんでいるようだ。
まず、ほっとする。
 
楽しい話、シールを沢山もらえた話も、褒められて嬉しい話も、良い点だけ伝えている訳ではないようだ。

自分から向かっている姿勢は嬉しかった。
 
「いよいよ本題ですが」算数のY先生がおっしゃる。

私はごくっと、つばを飲み込んだ。
 

にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ