不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

初めての都立中講演会。都立大泉高等学校附属中学校の説明を聞く。

<初めての説明会>

 
始めての学校見学は、自由に見てよい校内見学だったので、改めて学校の説明会に参加したくなった。
 
やはり校長先生のお話を聞きたい。
 
ENAのホームページを見ると、すぐ近い未来に、都立中講演会という講演会がある様だ。
しかもENAの生徒でなくても、参加できるし、都立大泉高等学校附属中の校長先生の説明が聞けるとある。
早速申し込んだ。
 
「鉄は熱いうちに打て」だ。
夫が乗り気の時に、説明会まで聞いてしまい、受験をする意思を固めたい。
 
学校見学後、すぐに説明会とは運が良い以外の何物でもなく、有難い。
 
当日は駐車場のある施設だったので、車で向かった。
やはり電車の中で受験の話をするのは、気が引ける。
 
前回の学校見学も、往復の電車での会話には気を使った。
その学校の親御さんがいるかもしれないし、塾の関係者もいるかもしれない。
娘のライバルになる人がいるかもしれない。
 
その点、車は他に聞いている人がいないプライベート空間なので良かった。
 
ENAの都立中講演会は、ENA大泉学園校の先生の説明もあった。
 
友人夫妻の言うように、都立と言えば、ENAなのだろうか。
宣伝もあったろうが、ENAの先生の話は、大泉高等学校附属中学の出題傾向など、よく分析してあり、魅力的に感じた。
 
小5は早稲田アカデミーで続けるとして、新小6のタイミングで、転塾してENAに行くか、早稲アカの都立コースにするか選ばなくてはいけない。
 
質疑応答の時間に入る。
何も知らず、質問もできない私に比べ、次々に手を挙げられる親御さんがうらやましい。
勉強不足で恥ずかしかった。
 
一つ、不思議な質問があった。
「近くに、東京学芸大学附属大泉中学校があると思いますが、それに対して、大泉高等学校附属中の方が良い、というポイントはありますか」
 
校長先生は穏やかにおっしゃった。
「違う学校なので、それぞれの学校に特色があると思います。
どちらもご覧いただいて、お子様に合った学校を選ばれるのがよろしいかと思います。」
 
このご回答は、一年後なら物足りなく思うだろう。
 
しかし、この時は、まだ、受験を始めたばかり。
強く売り込まない校長先生の人柄も心地良く思った。
 
帰りの車で話す。
 
夫もENAについて、驚いているようだ。
「今日の説明からも、都立の合格については、相当な自信があると分かるね」
 
私も答える。
「そうだね。でも志望校が大泉なら、大泉学園のENAに通わせるのが良いのかな。電車で通うのは、遠いね」
 
転塾か。第一志望が、このまま都立大泉としても、併願校に私立を受けのであれば、早稲アカの方が良いのだろうか。悩ましい。

もっと知識を集め、もっと勉強しなくては。
そう思った。
 

にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ