不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

【週末番外編】受験前の皆様に役立ちそうな小話27_受験後にやること⑦

<受験後やったこと_7>


引き続き、受験後にやったことを書いていきます。
今日はお花見散歩について書きます。
 
私はずっと仕事をしてきましたので、昼間の桜は、ほとんどゆっくり見たことがなかったのですね。
受験勉強ばかりしていた娘もそうでした。

土日は混雑するので、近場の桜を見にいくか、大勢で集まって座って見るお花見会でしか、桜を見たことがなかったのですよね。
 
夕飯時、母が「千鳥ヶ淵の桜もそろそろ見頃ね」と言ったのがきっかけで

「そうだ、二人で桜を見に行ってみようか」という話になり、娘と私で人気のお花見スポットを検索して、二人でお花見散歩にでかけました。
 
一日目は千鳥ヶ淵
私も、東京で生まれ育ちながら、千鳥ヶ淵の桜は、夜しか見たことがなかったのですよね。
お昼間、しかも平日。快晴の日。
こんな日に桜を見に行くのは初めてです。
 
私も娘も写真を撮ることが好きなので、二人でカメラとスマホでたくさん写真を撮ったり、
娘は買ってもらったばかりのスマホに入れたSnowというアプリを使って自撮りしたりして、ゆっくりと散歩しました。
 
さすがに平日でも、ボートは長い列を成し、乗ることはできませんでしたが、
自然の中に身を置くことで、受験勉強漬けの日々がようやく終わったのだと実感し、
涙が出る思いでした。
 
娘も、「こんなところがあったんだね」「桜ってこんなに綺麗なんだね」と改めて感動していました。
 
次の日は新宿御苑に。
こちらはまた膨大な敷地で、外国人の方の多いことにも驚きました。有名な観光スポットなのですね。
広い公園に桜が咲く様子は、桜並木とは、また雰囲気が違うね。と話しながらこちらも楽しみました。
広い敷地ですので、たくさん歩いて良い運動になりました。
 
翌日は中目黒の桜並木に。
目黒川には、ロゼのシャンパンを片手に自撮りしている若い方が沢山いるので、娘も驚いていました。
夜にはライトアップして、ライトアップも人気なんだよとか、この目黒川を下から船で見るツアーもあるんだよなどと会話しながら、散歩しました。
 
もちろん入・卒業の際に見る桜も見事ですが、
受験の解放感と共に、今日何の予定もない喜びと解放感の中、広い心で見る桜は、今まで知っていた桜とは、全く異なって見えました。
 
それまで、受験が終わった実感がなく、手持ち無沙汰な感じでしたが、
ようやく「終わったんだよ、春が来たんだよ。お疲れ様でした」と、まるで満開の桜に言われたようで、
涙が出る気持ちになりました。
私は合格発表と同じ様に、この時のお花見散歩を、一生忘れないと思います。
 

にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ