不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

【週末番外編】受験前の皆様に役立ちそうな小話28_受験後にやること⑧

<受験後やったこと_8>


引き続き、受験後にやったことを書いていきます。
今日は断捨離について書いていきます。
 
受験の教材、小学校から持ち帰った物、進学先中学校の持ち物。
 
3月に入ると娘の部屋は、大混乱になり、もっと早くから、整理し始めておけばと深く後悔しました。
 
まず、受験のテキストに関しては、本人と相談しながら決めました。
主に処分したのは過去問ですね。後の受験生にお譲りしました。
 
テキストやノートに関しては、私がブログを書いていることもあり、
本人も後で見返したいことがあるかもしれないというので、
予習シリーズと四科のまとめ、ダブルベーシックなどメインテキストはそのまま。
ノートもそのままです。
 
その他のテキストや、見返す必要のないペーパー類は処分しました。
ここまではスムーズでした。
 
小学校の教科書や問題集、プリント類は、全て処分しました。
これも迷いなくスムーズでした。
 
問題は小学校から次々に持ち帰るものです。
絵具セットだったり、リコーダーだったり、お裁縫セットだったり、お道具箱だったり。作品の数々だったり。手紙だったり。
こんなに沢山の物が小学校に置いてあったのかと、日々驚くほど沢山の荷物を持ち帰りました。
 
お道具箱は、中を見て、使えそうなハサミや色鉛筆は取っておきましたが、割と傷みひどく、お別れしたものが多くありました。
 
絵具セットも同様で傷みが激しく、使えそうなパレットや、絵具は取っておきましたが、筆はボロボロだったので処分しました。
娘の進学先の中学校で、新たに買わなくても良いと言うことだったので、処分した筆などは、新たに買い足して使っています。
 
お裁縫セットは家でも使うのでそのままです。
 
小学校の頃に使った、数えきれないほどのキャラクターの文房具は、お礼を言ってお別れしました。
娘の指の長さしかない程の、入学時のお祝いの鉛筆も記念に取ってあったのですが、それも、これを機にお別れです。
 
手紙類は本人に大きなお菓子の缶を私、自分で整理してもらいました。
 
一番もめたのは小学校から持ち帰った思い出の作品の数々。
作った工作、絵、小学校の低学年のお子さんからもらった何かなど。
何点か飾りましたが、6年間分あるので、そろそろ飾りようもありません。

娘の腰が重いので、私が決めて断捨離したところ、わーわーと泣かれてしまったり、大喧嘩になったり。
二人でかなりのエネルギーを使いました。
考えてみれば、小学校は小学校で6年間通い、思い出がいっぱいな時期ですものね。
 
しかし、中学1年の大掃除の頃になると、本人も随分と変わり、捨てられなかったものも、あっさりと整理することができました。
 
卒業の時点で、全てを完璧に綺麗にしようと、あれほどまでエネルギーを使う必要は、なかったなと今では思っています。
 
3月になると、中学校の制服、体操着、靴類、リコーダーや、教科書、辞書など、沢山届きます。
 
ある程度の整理をなさっておいた方が良いかもしれませんよ。
 

にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ