不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

体力の貯金はどれくらい持つのか。小6の夏に照準を当てるなら、今のスイミングはどうすべきなのか。

<体力貯金>

 
新小5に入り、4教科になって早稲アカが週3に増えた。
これにより、ギリギリまで踏ん張るつもりだった週2のスイミングが、問題として浮上した。
 
娘は移動時間がもったいないし、帰ってから眠くなる時間ももったいない。
翌日の授業に向けて勉強したいと言う。
 
気持ちは分からなくもない。
しかし、どうしても、私は、まだスイミングを週1にするという選択肢が取れない。
 
減らせない理由は、体力の貯金だった。
 
体力は、一日やそこらでつくものではない。
体力貯金の必要性に比べたら、2時間の勉強時間のロスは、やむを得ないというのが、私の考えだった。
 
スイミングを始める前の娘の幼少期は、年齢が幼かったこともあり、ともかく頻繁に病気になった。

その度に、職場に電話がかかってきて、私は小さくなりながら、保育園へ迎えに行った。
「ごめんね。弱い体に産んでしまって」と娘に思う気持ちと、職場への罪悪感から消え失せてしまいたいほどだった。
 
それがスイミングを始めて数か月してから、徐々に熱も出さなくなった。
やがて小学校に上がり、週2に増やしてからというものの、全く風邪もひかない。
 
今のクラスでは、トータルで2000m程度を1時間弱のレッスン時間に泳いでいる。
それを週2回。
 
週1に減らしてから、どのくらいの期間、この病気をしない丈夫な体が持つのだろうか。
半年位で週2貯金は使い果たすのではないだろうか。
 
だとすれば、その貯金は小6の夏休みに充てたい。
 
考える私の横を活発に走り回っている男子が通り過ぎていく。
うらやましく思う。
あんな風に、普段からよく動く、活発な子だったら、スイミングは減らすどころか、やめても良い。

あの子に万歩計を持たせたら、1日どれくらいになるのだろうか。
大人が基準とする6000歩や10000歩のボーダーラインなんて余裕なのではないか。
 
結局、私も娘もどちらも折れることができず、組分けテストの前1週間は休むという折衷案をで決着をつけた。
 
娘は「わかった。じゃあ、バスの待ち時間と、バスの中で勉強するね」と言った。
 
娘は宣言通り、バスを待つ場所で、立ったまま問題を解いていたようだ。
その姿は異様に目立ち、ママ友達を、それはそれは驚かせたようだった。
 
私の顔を見る度に、ママ友達に「ねえ。いつもバス停で立ったまま勉強しているけど大丈夫?」と聞かれ、私も苦笑するしかなかった。
 
実際、「がむしゃら」という言葉が一番似合い、最も勉強を頑張ったのも、新小5だった。
あの頃の娘は、馬力が違ったのだ。
 
娘の場合、結局は体力勝負だった。
あの時、週1に減らさず、一年引っ張って正解だったと思う。 
 

にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ