不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小テスト。トップになるより重要だったのは、誰と一緒に名前が挙がるかということ。

<小テスト>

 
新小5初めての組分けが刻々と近付いていた。
 
今回から初めての4科目だ。

当然のことながら、バランスの良い時間配分は難しい。
 
娘の場合は、H先生の情熱が乗り移り、明らかに理科と算数に肩入れしていた。
算数の小テストは、目標通り、上がったばかりのクラスでトップを取ってくるようになった。
 
もちろん、このクラストップは、「地道に頑張ったで賞」のようなもので、取れたからと言って、このクラスのトップではない。
 
完全にテストに出る範囲が決まっており、頭の良いお子さんなら暗記してしまっているのかもしれない。
 
しかし、いつもトップに名前が挙がるのが、低学年から通っている、それはそれは、優秀なお嬢さんだったので、
そのお嬢さんと名前が並ぶことで、娘のモチベーションは一気に上がった。
 
「ママ!〇〇さんと同率で1位何てすごくない?!」とか
「今回も〇〇さんが1位で、私が2位だよ!やばくない?キャー」とか

踊りだすんじゃないかと思うほど、舞い上がって帰宅した。
 
H先生は、範囲が指定されているのにもかかわらず、ボーダーラインを下回る生徒や宿題忘れの生徒には、容赦ない。

しかし同時に褒め上手だ。
 
「よくやった!」とか
「素晴らしい!」とか
 
先生の得意のそれはそれは、大きな声で、褒めちぎってくれる。
 
早稲アカの先生方は本当に褒めるのが上手だ。
 
娘は、一層やる気に満ち溢れていた。
 
最初から組分けに目標を設定せず、この復習の小テストに重きを置いたことは、復習をきちんとするという意味でもかなり良かったように思う。
 
理科は算数の小テストに比べ、テストの範囲が広く、初めて学ぶことばかりだったので、すーぱー冊子を3倍やっても、なかなかトップの成績は取れなかった。
 
それでも、徐々に復習テストの上位に入るようになっていた。
 
日曜日のパパ塾でも、娘が理科の冊子を楽しそうに解いたり
心のシャッターを押したかの様に、ページをめくる都度、授業中の先生の話を思い出して、夫に話したりしているようだ。
 
「集中して授業を聞いているってことだね」と夫も感心していた。
 
一方で、社会については、一切、何も言わなかった。

聞くと「うーん、先生と相性が良くないのかも」とか
「眠くなっちゃうんだよ」などと言うのも気になった。
 
引っかかりはしたものの、この時はその言葉が何を指すか、まだわからなかった。

最初の組分けテストまでは、この調子で行こう。
 
得意な科目が一つもなかったら、何の武器も持てない。
 
算数が4科目中一番の得意科目になれるほど、さすがに算数は甘くない。

しかし、理科はどうだろう?
これを機会に自信科目にならないだろうか。

初めて受ける理科の組分けテストが少しだけ楽しみに思えてきた。
 
 

にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ