不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

【週末番外編】受験前の皆様に役立ちそうな小話31_買ってよかった時計

<時計>

 
皆様コロナの自宅待機期間いかがお過ごしでしょうか。

今日は時計について話します。

最初は、佐藤ママを見習って、キッチンタイマーで時間を区切っていたのですが、
私の大音量キッチンタイマーは、音が大きすぎて娘はイライラ。
何度も放り投げられ、可哀想な目に合っていました。
 
ちなみに、佐藤ママは、冷蔵庫の側面に多種多様なキッチンタイマーが置いていらしたそうです。
首から下げられるものも用意しておくあたり、さすが佐藤ママ。
 
お子さんそれぞれ、お気に入りが違うとのこと。そういうものなのですね。
何種類か用意した方が良かったのかもしれませんね。

その後、ストップウォッチを購入しました。
ストップウォッチに、私は大興奮。
帆走している感じがたまらないです。
 
今でも、私のモチベーションが上がるお気に入りのアイテムです。

 
そんな折、ドラッグストアで溜めたポイントを交換しようとカタログを見ていて、こちらが目につきました。
 
セイコークロック スタディタイム 影山英男モデル」

アナログ時計にアラーム、タイマーは10秒、1分、10分ボタン付き、ストップウオッチ機能付き。
 
こつこつ溜めたポイントを使うほどの価値があるのか、不安でしたが、思い切って交換したところ、これが大正解。
娘自身が気に入って、この時計と多くの時間を過ごしました。
 
それでも、6年生の時、一度、このクロックに八つ当たりして投げた為、アラーム機能が壊れてしまい、オフにしても真夜中に鳴るようになってしまいました。
 
針をずらして、受験が終わるまで、やり過ごしましたが
うっかり深夜にアラームがなり、悲鳴を上げた事もありました。
(早く買い替えれば良かったですね。)
 
電池を一つ抜くと、タイマー機能のみ使えると分かり、受験後一つの電池で使っていましたが、
徐々に娘の時間の使い方がルーズになってきて遅刻ギリギリの日が増えました。
 
ある日、はっと、気が付きました。
もしかして、この子は振り返って壁掛け時計を見る習慣がないのでは?
 
2年間、娘は、このスタディタイムのクロック中心に生活していたので、それがないと、時計を見る習慣そのものがなくなってしまうのですね。
 
大慌てで、2台目を購入しました。お値段も3500円程度でお手頃。
(ポイントを使った方が、高くついていたことに気が付きました。)
 
娘の時間の使い方は、無事に元に戻りました。
 
 

にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ