不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

売買損益の前の食塩水。大切なのは、最初から苦手意識を持たないこと。

<バイソンの前の食塩水>
 


バイソン(売買損益)の前の単元は「食塩水」だった。

 

意外なことに、「私、食塩水好きかも」と娘は嬉しそうに帰宅した。

 
私は問題文の長さに、おそらく娘がつまづくに違いないと思っていたし、
聞かれたら実際にグラスに塩を入れて、説明しようとしていたので、驚く。
 
食塩水の単元は
「〇〇%の食塩水△△グラムと、●●%の食塩水▲▲グラムを混ぜた食塩水があります。
この食塩水を熱して□□グラム蒸発させると、濃さは何%になりますか」
 
とか、
 
「濃度〇〇%の食塩水から△△グラムを取り出して、代わりに水を●●グラム加えて混ぜると何パーセントの食塩水ができますか」
 
といった問題が基本問題から出てくる。

応用編になると、濃度の異なる食塩水を混ぜ合わせた問題になり、更に難しくなっていく。
 
算数の問題における文字数と文章の量は、小5に入り確実に増えていた。
 
卒業組ママの話を聞いても、色々な方のブログを読んでも、結局、国語が重要だと、
国語の大切さが良く書かれているのはこういう事なのだろう。
 
折角、算数が好きでも、問題で問われている意味を理解できなければ、解きようがない。
 
娘は、ノートを見せながら説明する。
先生の解法では、濃度を計算するような問題は計算式で解き、混ぜ合わせるものは、面積図で解くようだ。
 
赤ペンと青ペンさえあれば十分という私と違い、色分けが大好き娘は、赤青緑を使って、丁寧に図が書いてある。
 
字は多少雑だが、筆圧の強さから、真剣さが伝わる。
丁寧に図を書きながら授業を聞いていて、よくついて行けたなと感心するし、
先生の授業を一緒に見ることが出来ず、ノートが頼みの綱である私にとって、わかりやすいノートは非常に助かった
 
最初の頃は、板書が取れないことも多くあった。
板書が取れるようになったらなったで、板書を取ることで満足し、授業を聞き取れなかった時期もあった。
 
娘の成長を感じる。
 
娘は面積図を指しながら、説明をする。
「いくつかパターンがあるんだよね」
「例えば、この場合だと、青と緑が同じになるって訳」
「つーまーり!」
 
娘はアウトプットしていると、無意識のうちに、H先生の話し方まで似てきてしまって面白い。
きっとH先生は「つーまーり!」と授業中お話されるているのだろう。
微笑ましく聞く。
 
問題を見て、文字の多さに苦手意識が出るはずの娘が、
このように楽しく帰宅できたのは、H先生の授業中が面白いからに違いなかった。
 
この時、基礎となり、得意だと自信がついた食塩水の単元は、受験まで娘が最も得意な単元となった。
 
大切なのは、その単元に対し、最初に苦手意識を持たないことだとつくづく思った。
 
 
 

にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ