不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

【週末番外編】受験前の皆様に役立ちそうな小話44_緊急事態宣言中の自宅勉強。私だったらどうするか?を考える。

<最近の生活>
 
いかがお過ごしでしょうか。
最近、少しコロナニュースと、距離を取って日常を始めました。
長期化するかもしれないので、精神の健康も大事に過ごしたいと思います。
 
塾では、対面型オンライン授業が始まった塾もあるのですね。
二人で、「K先生の授業みたーい!」「H先生の授業はみんな音量を小さくしちゃうね」と言いながら、早稲アカ現役生の方のブログを読んでいました。
 
録画もできるのでしょうか。
私は一度も早稲アカの先生の授業を見たことがないので、親子で一緒に見られる機会があって羨ましいです。
 
こんな時期、もし娘が受験生だったらどうするか、時折考えています。
そうですね。
 
オンラインであっても、塾が始まっていたら、塾の授業の復習と宿題。
学校へ行っている時間(朝の8時から午後3時まで)受験勉強ができるので、理社の暗記や算数の反復。
 
国語の読解問題は、音読をして、一緒に文章を読みながらマーキングし、本文の要約をさせ(口頭)、問題文を解く。
通常だったら、時間が足りなくてできないこともできますね。
 
今の塾では、塾の先生への質問対応はどうなっているのでしょうか。
今は、溜めていても、後日何らかの形で質問ができるのでしたら、私も溜めておくと思います。
 
今後も、質問ができなさそうでしたら、オンライン個別か、オンライン家庭教師も調べ始めると思います。

過去問が始まると、難しくて、解答を見ても分からない問題が沢山出てきてしまうのです。
過去問の中での取捨択一、いわゆる捨て問を考えるのも難しいです。
なので、過去問が始まる時期(9月)までに、質問が消化できる状態にしておけると安心です。

ただ、学校がお休みであることは、受験生にとっては、メリットもあると思います。
実際、学校と受験勉強の両方をこなしていくことは体力的にも精神的にも、大変なこと。

学校は学校で宿題が出たり、やらなくてはいけないことがあったり、友達と問題があったり、体育の怪我があったり。

そう考えて、受験勉強のボーナス時間と考えて過ごしていくだろうと思います。

娘の進学先でも、今週から本格的に宿題が出始めました。
毎日、先生が試行錯誤の結果、頑張って下さるのが、親としても良く見えますし、
実際、娘も早起きし、朝早くから夕方まで、緊張感を持って宿題に取り掛かっているので有難く思っています。
 
先週までとは打って変わり、自分の時間が沢山出来たので、私は本を読んでいます。
今日と明日でご紹介していきますね。
 
AERAKids
新学期特集号。小学生のうちに読みたい本154冊。
 

娘に買う本を選ぶために買いました。
沢山の著名人が薦める本が出ています。
 
興味を持ったのは
「馬は一本の指で立っている!くらべる骨格 動物図鑑」
進化した脊柱動物を人間に置き換えるとどんな骨格になるのかという、イラストが何とも怖くて面白いです。
娘が好きそうなので買ってみようと思います。受験生にも勉強になりそうです。
 
AERA Kidsでは、安浪京子先生のノートの取り方を再点検する記事も面白く、
具体的にノートのこの部分を、こう直すと良いというアドバイスが、写真付きで書かれていてわかりやすかったです。
 
 

にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ