不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

学校説明会_香蘭女学校5_先生への質問と夫への報告。

香蘭女学校_説明会後自宅での会話>

 
直接先生とお話がしたく、長い列ができている質問ブースに並んだ。
 
しかし、先生への質問の収穫は少なかった。
不慣れな私は、ようやく自分の順番になったというのに、質問が浮かばなかったのだ。
 
極めつけには、「今ガールスカウトに所属しているのですが、こちらの東京第一団にも入ることができますか?」とバカげた質問もしてしまった。
 
「おそらく、どちらかの団を選ぶことになると思いますが、詳しいお話はご所属の団員長にご相談ください」と、丁寧にお答えいただき、顔を赤らめながら、その場を去った。

周りの他のお母様は、推薦について質問している方が多かった。
手帳を手に、かなり具体的に質問を絞り込んでいる方も多く見受けられた。
 
それでも、ゼロよりは良いと思うことにした。
ご縁は深まった、そう思う。 
 
初めて降り立った駅、初めて見学する学校へのご縁は、最初の段階では何もない。
しかし、乗換情報や出口、周囲の建物など、その駅について調べるうち、
そして、何度もその駅に降り立つうち、駅とのご縁が深まる。
 
学校についてもそうだ。
ホームページを見ることも、学校に何度も足を運ぶことも、先生や生徒さんとお話することも全て、私達家族とその学校とのご縁が深まっていく。
 
駅から電話をすると、娘は疲れて寝ているそうだ。
「クタクタだけど、すごい情報を得た」と言うと、「迎えに行くよ」と珍しく夫が迎えに来てくれた。
 
大学進学の話もあるので、今回は先に夫に話したかった。
 
木々や蔦に囲まれた、雰囲気ある素敵な校舎だったこと。
ガールスカウトの東京第一団があったこと。

生徒さんたちの活躍が目覚ましく、圧倒されたこと。
はぐれた親子を会わせる為に、校内を走り回る生徒さんが素敵だったこと。
 
駅の雰囲気も良かったこと。 
 
夫のリアクションは良かった。
私は旗の台は初めて行ったが、夫は何度か行ったことがあるらしい。
「あの辺の雰囲気、俺好きだよ。通学にも安全だね」と言っていた。
 
そして、ガールスカウトの東京第一団の話や、生徒さんの活躍においては、まるで、自分の手柄の様な顔をして誇らしそうにしていた。
夫はガールスカウトの活動に積極的だが、予想以上の反応だった。
 
そしてね、私は車の中だというのに、声を潜めて言う。
「極めつけが、立教大への指定校推薦枠が!80人!つまり、学年の半分だよ」※1
と言うと、夫も驚きを隠せない。
 
「え?偏差値は?」と聞いてくる。
「それが、四谷大塚の80%偏差値で、52なんだよ」私も興奮しながら応える。※2
 
「推薦枠をそんなに持ってる話、早稲アカでも聞いたことないよね。」
 
「ない。ネットでも見たことなかったし、先生もご存じないかも。
家が近いわけじゃないから、説明会に行かなかったら、一生知らなかった情報かも!」と私が言うと
 
立教大学近いし、これで受験が終わるっていいよね」
そう言って、夫も喜んだ。
 
※1
2017年の情報です。ホームページの情報によりますと、更に17名の増員で推薦枠は最大97名になるそうです。
 
※2
2017年の偏差値です。午後入試が始まったこともあり、2020年現在の四谷大塚偏差値は、2/1が55。2/2が59だそうです。
 
 

にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ