不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

【週末番外編】受験前の皆様に役立ちそうな小話58_コツコツと続けること

<この3か月、娘の成長を改めて考える>

いかがお過ごしでしょうか。
緊急事態宣言解除に伴い、世の中が動き出す気配を感じ、私は少々焦り気味です。
 
いつもそうなのです。夏休みが終わるに近付き、大丈夫か?と焦ったり
カレンダーを見て焦ったり。受験中もそうでした。
 
そこで、学校の宿題以外に、3月の最初に娘と決めた「春の間にやろうと話していたこと」について、どれ位終わっているか、整理してみました。
 
①日本語の読書 20冊以上 → 済み
②英語の本の読書 Oxford Reading Tree 30冊 → 済み
③毎日英会話 → 済み。3か月休まず継続中
④毎日スタディサプリ数学 → 済み。高校途中まで終了
⑤公文英語中学範囲を終える → 公文の休校があった分遅れたが、ほぼ済み
⑥一人で作れる料理を5品以上持つ → 済み。10種のレシピを習得、お菓子は4種
⑦毎日掃除をし、掃除を気楽にできるようになる → 済み
⑧毎日学習記録を書く → 済み

意外なことに、約束通り、またはそれ以上に進んでいました。
 
悔しくも、途中までしか、終わらなかったもの。
⑧ブラインドタッチの習得 → 3月に終わらせるべきだったと後悔しています。4月以降は、学校から大量に宿題が出て、完成できず。
 
その他、やっておくべきだったこと。
⑨古文の予習 → これは私側のミスです。娘が古文が苦手だとは予想外。今慌ててスタサプで学習しています。
 
最近、学校の宿題に追われる日々で、私も娘も心がざわざわとし、焦っていたのですが、
こうして改めて整理してみると、3月に頑張っていたこと、30分ずつでも毎日続けたことが功を奏し、意外と終わっていましたし、学習面でも成長したとわかりました。
 
また、受験が終わったら、家事を教えたい、お手伝いではなく、一人前に家事をできるようになって欲しいと長らく思っていたので、今回徹底して教える時間があり、料理も掃除も一人前になって、嬉しい限りです。
 
受験生も、娘たちの学年も、1年間の持ち時間は、みな同じ。
更に、その中で、自頭の良い人、要領の良い人、切り替えの早い人など優れた能力がある人達もいて、焦ることもあるかと思います。
 
娘もコツコツ型。何の習得でも、人の何倍も時間がかかるのです。
ウサギと亀の話ではないですが、
「人は人。ゆっくりで良いから、コツコツ頑張ろうね」といつも話しています。
 
体を大切にしながらも、投げ出さず、あきらめずに続けることを、これからも続けて欲しいです。
 
受験生の皆様、学校が始まると両立がきつくなるかもしれませんし、この数か月にやる子はやっていて、横で見て焦るかもしれません。
例年と違う動きに、いら立つこともあるかもしれません。
 
でも、まだまだこれから。
 健康に注意しながら、コツコツと頑張っていきましょう。
 
 

にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ