不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

近付く小5第3回組分けテスト。サイコロ問題、色塗り問題、そして原田式算数プリント。

<組分けテスト対策前半>

運動会が終わり、学校見学が終わり、いよいよ組分けテストに向かってカウントダウンが始まった。
 
第3回組分けテストの算数の試験範囲は「柱体とすい体」、「場合の数(3)(4)」、そして約数や素因数分解といった「数に関する問題」だった。
 
H先生の授業が分かりやすかったのだと思う。
図形に関しては、私自身があまり得意ではないので案じていたが、娘は楽しそうだった。
ノートを見ても、しっかりとした濃い字で集中していたことがわかる。

この頃、私図形好きかも!得意かも!と言っていたことから、この先どんどん難しくなる図形の問題に対して、意欲的に取り組むことができた。
何事も導入部分は重要で、
H先生に小5の大切な時期の算数と理科を教えて頂いたことは、とても幸運なことだったと思う。
 
授業終了後、帰宅してすぐに行っていた授業のアウトプットは続けていた。
娘の説明は、時々言っていることが分からなかったが、それはそれでよしとした。
目的は頭の整理なのだ。
 
授業を思い出し、私に説明することで整理して、落とし込んでいく。
その為のアウトプットなので、細かなことは突っ込まないでおいた。
 
まずは、大まかに覚えている内容を聞き、翌日以降、問題を解く際に深く追うようにした。
 
場合の数(3)は数種類の問題があるが、最初に苦戦したのはサイコロだ。 
「大小二つのサイコロを同時に振った時、二個のサイコロの目の和が〇の倍数になる場合は何通りありますか」といった類の問題だった。
 
もう一つが、旗の色分け。
三色の旗がすべて異なるぬり方が何通りあるか、アとウが同じ色になるぬり方は全部で何通りあるかといった問題だ。
 
授業で例題として挙げた問題は解けるが、宿題に出ている応用問題を解いているうちに、混乱してしまった。
私も説明したが、娘は腑に落ちなかったようだった。
 
深夜、娘が寝た後、悩みながら検索していた結果、原田式算数プリントに出会った。
トップページにはこう書かれている。
『塾のテキストや参考書では説明不足、問題量不足な単元、教えるのが難しい単元を中心に掲載していきます。大人が教えなくても無理なく解き方が身につくように工夫されていて、これらの単元を得意科目、得点源にすることが出来ます。塾の授業を受けるよりも、これらのプリントを1人で学習した方が力がつくことをお約束します。ダウンロードはすべて無料です。』
 
そして、躓きやすい問題があり、難易度に分けて★が付いている。
何とありがたいのだろう。
 
早速「さいころ問題」と「色塗り問題」をプリントアウトして、二人で解き始めた。
 
 

にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ