不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

【週末番外編】受験前の皆様に役立ちそうな小話63_佐藤ママお勧め。社会地理_都道府県大百科

<佐藤ママおすすめのビジュアル地図帳>

いかがお過ごしでしょうか。
私は今日、久しぶりに電車に乗って上野の国立科学博物館に行くことにしました。
”かはく”は、「受験が終わったら娘とすること」
リストに入っていたにも関わらず、
中1の間、部活と行事、宿題とテスト勉強に追われ、休みは休みで友達と遊びにいく為、なかなか機会を作れず、一年終わってしまいました。
 
そんな折にコロナの自粛になり、娘と一緒に国立科学博物館VR画像をゆっくり見みることもできたので、娘も今回は乗り気です。
密にならないよう、完全予約制になっているので、予約サイトができた当日に早速予約をしました。
感想などは、また今度書きますね。
 
さて、今日は、先週少しだけご紹介した佐藤ママお勧めの本を二冊ご紹介します。
 
るるぶ 地図でよくわかる 都道府県大百科

私が尊敬する佐藤ママの家には、るるぶの旅行ガイドブックが、20冊置いてあるそうです。
男子3人と女子1人の4人兄弟なので、なかなか旅行には行けなかったけれど、勉強の合間にいつでも手に取って気軽に見ることができるようにしていた。
という話を以前本で読みました。
 
なるほどガイドブック!何て良いアイディアだと思いました。
私も日本地理を教えながら、もっといろいろな場所に連れて行って見せてあげていればと子育てを悔やみましたが、後の祭り。
受験中にあちこち行くのは難しい。そんな悩みを持っていました。
 
それに対し、ガイドブックでしたら、揃えるだけで、その土地に行ったかのような親近感が湧き、ワクワクとする気持ちになります。
写真が多く、美味しそうな食べ物も多く、その土地に興味が持てるのですよね。
 
早速、真似しようと思ったのですが、るるぶのガイドブックを20冊買うとなるど、結構な金額と量なので、躊躇していました。
そんな矢先に知ったのが、こちらの本です。
 
最初のページには佐藤ママのコメントが書いてあります。
「その土地のイメージをるるぶで持った後に教科書を見ると、その内容が活き活きとしてくる」
 
もちろん、受験に必要なすべてが網羅されている訳ではないです。
でも、暗記ばかりで辛いこともある社会の地理において、勉強のきっかけになり、楽しさを入れられるツールになることは間違いないと思います。
 
ところどころ、農業・水産業・畜産業・工業のクイズや、
山地・山脈・山・平野・川・湖のクイズもあります。
入試によく出る「日本の気候」のページもカラフルにまとめられています。
 
私が見ていると必ず娘がのぞき込んで来て、結局あれこれ言いながら、一緒に読むのが習慣となっています。

中学では世界地理もやるので、こちらも買いました。
るるぶ 地図でよくわかる 世界の国大百科

海外版は、一層旅行気分で楽しく、行ったことのある国を眺めて思いを馳せたり、食べ物を見て、幸せな気持ちになったりしながら読んでいます。
 
娘は世界の気候や人口(絵がわかりやすいです)、言語や宗教、所得と物価、貿易やエネルギーなどのページをよく見ています。
 
どちらも本も、白黒だった社会の地理の受験勉強の世界に、色を差してくれる存在になると思います。

2冊とも買って良かった!
さすが佐藤ママのお勧めというだけのことはありました。
 
受験生のみなさま、一冊あると便利ですよ。
お父様お母様の気分転換にもお勧めです。 
 
 

にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ