不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

旅人算、授業後。指を使って方向を考えるのはどう?と娘が言った。

旅人算の授業後>

そうこうしているうちに、娘の授業も旅人算に入ってしまった。
 
この頃は、まだYT週テストを受けていなかったこともあり、猶予は組分けテストまであと数週間ある。
仕方ない。実際に授業を受けた後で、一緒に考えていこう。
 
算数の授業は、
授業が理解できた日も、できなかった日も、自宅に帰ってから、ノートを見て一通り説明をすることになっている。

途中で混乱してしまったら、それはそれで良いが、
途中で放り出すのはご法度というルールだ。

めちゃくちゃでも良い、自分が覚えている限り全て口に出すよう話していた。
 
娘がアウトプットしている間は、私も必死だ。
H先生はどう説明なさったのだろう?
拙い言葉の中から授業の様子を探っていく。
 
娘は説明のため、私は授業の様子を理解するため、真剣にノートを見ている。
このノートがライフラインなのだ。
 
僅かなものではあるが、先生板書以外の言葉のメモも取れるようになってきた。
 
「ちょっと待ってね、どこかに書いたんだよな、あ、これこれ」と走り書きを見ながら、
私に説明してくれるようにもなった。
 
しかし、まだまだ小学5年生だ。時間と共にどんどん忘れていく。
 
一晩、寝てしまったら、半分近く忘れていることもあるし、
更に、翌日学校へ行くと、授業の他に、合奏したり、体育をしたり、複数の刺激が与えられ、
当然のことながら、習った内容もどんどん忘れていく。
 
H先生の授業を再現しても、説明できるものが減ってきてしまうのだ。
 
「この問題だと、線分図を書くと分かりやすいそうだよ」と出だしは順調だった。
旅人算(1)は、忘れ物を届けたり、駅まで迎えに行ったりする。
 
「でも、ちょっとわかりにくいよね。」そう言って
娘は今度は指を使って、追いかける、向かい合うについて説明を始めた。
 
理科の電流以外で指を使うとは意外に思ったが、頷きながら、話を聞く。
 
「えっと、この場合はAさんはこっちに向かっています」と言って片手で指差しの形をして、指を倒す。
「その後、お母さんが追いかけます。」と言って、また反対の手を指さしの形にして、倒す。
 
先に倒したAさんの指を、お母さん役の指が追いかける。
 
「簡単に説明すると、こういうことなんだよね」と、満足そうだ。
言葉にできない分を、動作でカバーしているのか。
娘のオリジナルの説明だったようだ。
 
「例えば、雨が降って傘を届ける場合は、向かい合って歩くよね。その場合は、指の向きはこうなるの」
そう言って今度は指を倒した両手が近づけた。
 
なるほど、良いかもしれない。
 
結局、私達は、この娘が考えた人差し指の動きで、この先も旅人算を解いていくことになったのだった。
 
 

にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ