不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小5第4回組分けテスト。結果が出るまでの苦しい日々。

<小5第4回組分けテスト、結果が出るまでの日々>

 

結局、私達は、最悪の結果となるであろう小5第4回の組分けテストの自己採点はせず、
大人しく結果を待つことにした。

 

意外なことに、H先生は「満月、どうだった?」と聞いていらっしゃらなかったのだそうだ。


もしかしたら、いつも娘から自発的に先生に報告をしに行っているので、
「自分から言って来ないという事は良くなかったのだろう」と察して、

気を使ってくださったのかもしれない。

 

結果を待ちながら、私は今回の自分の判断が正しかったのか悩み、

やや落ち込んでいた。

 

やはり、今回の試験は、休んだ方が良かったのではないだろうか?
勉強もできていない、メンタルコンディションもようやく回復してきたところ、
体力的にもまだ不安。

今までで一番結果が見えていた試験だ。

そんな状態でも組分けテストを受けるべきだったのだろうか。

 

結果を見て、また、やる気のない落ちた状態になってしまうのではないか。

 

娘は、「試験を受けないとクラスダウンするって聞いているし、

4年生の一番最初の時だって逃げなかったんだもん。逃げるのは嫌だ。」

 

そう言い張ったので、つい根負けしてしまったのだが、

もう少し先を考えて、頑張って止めるべきだったのかもしれない。

 

公開模試の結果が出るまでの待ち時間は長かった。

毎回長かったが、この時が一番長かった様に思う。

時の経過が、通常の何倍にも感じる。

 

しかも今回は自己採点もしていないので、不安ばかりが先立ち、尚更遅く感じた。

 

ふと、先日娘と神社へ行った時のおみくじのことを思い出した。

大吉のおみくじを開いてみる。

 

「・・・万事細やかに気を付けて一度おもい定めたことは わきめもふらず一心に努力すれば何事も成功します・・」

「願望 遅いが思う通りになる 吉」
「学問 努力すればよろし」
「争事 心和やかにして吉」

 

娘と仲直りをした後は、細やかに気を付けたし、わきめもふらずに数日を努力したつもりだ。

きっと、大丈夫。

毎日何度もおみくじを見ながら、可能な限りプラスに考え、

偏差値が出るまでの日々を過ごした。

 

そして、とうとう結果が出る日がやってきた。

何度もクリックしていたが、素点の横に偏差値が出たことが、ちらっと見えた瞬間、

怖くて一度画面を閉じてしまった。

 

ふう、と一呼吸して、「クラスキープ、クラスキープ、クラスキープ」とPCに拝む。

そして、思い切って画面を開いた。

 

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ