不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

夏期講習スタート。娘の柱を強化したい。先生との人間関係の構築を始める。

<先生に質問しに行くこと>

 

先生に質問をしに行く様になったのは、小5の夏休みからだった。

 

ある日の授業後、娘がこう言った。

「H先生によるとね、合格を掴み取る生徒は、先生を捕まえるのも上手だって。
忙しい先生を捕まえて沢山質問にくるって。
あんなに忙しいH先生のところに、質問に行ったりしているんだね。
私テストの結果の時しか行ったことないから先生のところに質問に行きたい」

 

なるほど。

 

それまで質問には私が対応していたので、特に先生に質問に行くことはなかった。
まだ先生のところに質問へいく時期ではないと思っていたが、

今の内から、少しずつ先生との距離を縮めて人間関係を構築していくことも

大切なことかもしれない。

 

H先生はテキスト通りではなく、オリジナルの解法を教えてくださることがあるので、
時間が経つと娘も解法を忘れてしまうこともある。

その辺を質問していくのが良いかもしれない。

 

折角早稲アカに通っているのだ。
これを機に新しい体制にしたかった。

 

春の娘との衝突と、娘の理不尽な八つ当たりを受けて私は不安に思っていた。


私が仕事と両立している時や、辞めたばかりの時は、娘も喜んでいて、

私と過ごす時間そのものが幸せそうだったし、楽しんでいた。

教えること全てに耳を傾けて、一生懸命勉強していたが、
やはり毎日側にいることに慣れると、油断もするし、甘えも出てきてしまうのだろう。

 

今後、万が一先日の様に、私と娘との関係が悪くなった時、
または、私が病気で入院してしまった時、
私しかいなければ、娘を支えるものがなくなって、そこで止まってしまう。

 

加えて、私が仕掛けるやるきスイッチ以外も、欲しい。

スイッチは、沢山あればあるだけ良いのだ。

やはりH先生の側にいる方が良いだろう。

 

きっかけはある問題だった。
「ねえ、これ、ちょっと先生に聞いてみようか」と私が言うと
「あ、そうだね。私行ってみる。

みんなどんどん先生のところにどんどん行ってるんだ。だから、ちょっと焦ってたんだ。」と娘が言った。

 

娘はあがり症だ。

「緊張する?」と言うと
「すごい緊張してお腹が痛くなりそうだよ。誰かと一緒に行くよ」と言っていた。

 

新しいクラスはとても活発な人が多い。
授業に対しても、先生に対しても、とても積極的なのだそうだ。

 

また長く早稲アカに通っている人も多く、先生や環境に慣れている人も多いようだ。

今までのクラスより、先生とみんなとの距離が近い気がすると娘がよく言っていた。

 

これが、娘にとって良い刺激になっている様だった。

 

そうして、娘はH先生への質問に向かった。

 

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ