不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小5の夏休みスタート。集中力の妨げになる学校行事について悩む

<小5の夏休み。学校行事の林間学校>

 

夏休みに入ってからの娘は絶好調だった。
まず、塾での集中力が違う。


体力が有り余っているので、半日以上塾に閉じ込められても、

全く疲れを見せず、とても元気な状態で帰宅した。

 

そして、帰宅後おやつを食べるとすぐに、自宅での復習に向かった。

 

娘から出てくる夏期講習の話は、授業のアウトプットの他に、先生の雑談や
男子が起こした、ちょっとした笑い話が多かったが、聞いていて微笑ましかった。

 

こうして休みを迎えると、

いかに小学校との両立が体力的にきついか痛感する。


小学校があることは、もちろん時としては、良い息抜きになることもある。

例えば、運動会。


受験生の親としては、怪我をしませんように、と祈る気持ちでいっぱいだが
全校生徒が同じ色のチームごとに一丸になって戦う楽しみがあるし、
娘の場合は、係員の活動もはつらつと元気にやっていた。

 

学芸会はオーディションで落ちて泣いたり、

友達に励まされながら、再オーディションに向かった経験も

良い思い出にはなったと思う。

 

しかし、ストレスは発散できたかもしれないが、

体力が失われてしまったことも間違いない。

 

最初の10日は、体力に余裕があり、充実した日々を送った。

 

そんな中、学校の夏休みの大イベントである林間学校が近づいていた。

私達の時代とは違って、一斉に同じ宿泊施設に泊まる訳ではなく、

複数に分かれてペンションに泊まるのだそうだ。

 

娘のペンションに泊まるお友達は、割と仲が良い人が多かったし、
同じ宿泊先に泊まる先生が校長先生というので、心強いしありがたい。

 

いつもの学校のイベント通り、

「どうかけがをしませんように」

「友達と、もめたりトラブルに巻き込まれませんように」と

祈りながら送り出した。

 

学校の宿泊行事の準備は、本人が率先して行うように言われていたが
僅かな時間であっても、受験勉強に注力してほしかったので、

私が用意しておいた。

 

リュックに詰めるところだけ、自称「パッキングのプロ」である夫の指示の下で

娘が行った。

 

たった3日だ。

しかし、来月の早稲アカ合宿と違って、何だか私は憂鬱だった。

 

自分勝手なのはわかっている。

それでも、どうして今なんだろう。そればかり考えていた。

  

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ