不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

【週末番外編】受験前の皆様に役立ちそうな小話84_学校の宿題や塾の宿題がこなせない際、どうしたか。

<学校の宿題・塾の宿題、回らなくなった時にどうしたか>


いかがお過ごしでしょうか。

昨日は、テレビドラマ半沢直樹2、前半のクライマックスでした。

従兄弟漫才とご本人がおっしゃっていましたが、

大和田&伊佐山の数々の名言が面白いですね。

「お、し、ま、い、DEATH」に続き「土下座野郎!」という言葉も出て、大爆笑しました。

 

私は普段ドラマは見ないので、こんな風にオンタイムでテレビの前に座って見るのは
7年前の半沢直樹以来。
今一番の楽しみになっています。

 

さて、今日は宿題について書きます。

中学生の今は、宿題はマスト。
重病にでもならない限り、宿題や課題をやらないことを私は認めませんが


中学受験勉強中は、やはり、どうしようもない時がありました。


小6の夏休みの宿題までは良かったのです。

しかし過去問が始まると、学校、塾共にどうしようもなく回らなくなってきました。

 

元々塾の宿題も早稲アカは多いのです。

各教科の先生方で連携をして、宿題量を調整して下さる訳ではないので、
各々の先生が、この宿題をこなすには〇分、これは〇分と、

見積もって出してくださっている訳ですが、
先生の見積もり通りに、宿題が終わるとは限らないのですよね。

 

うちは特に理科。

好きな教科ですが、解くのに時間がかかるのです。

 

宿題が足りない時には、コピーしたり、追加の問題をいただいたりすれば良いのですが

多い時には悩ましいもの。

 

極力、私も隣にいて段取りを考え、指示通りにこなすようにしましたが、
それでも終わらない場合は、先生にご相談しました。

 

その時も、どの宿題に時間がかかり、どれをなくしたら間に合うか

宿題の内容も量を把握し、

本人の解くスピードや他の教科とのバランスを考えた上で、

先生に宿題を個人的に減らして頂きたい旨、相談しました。

 

「それでいいですよ」とおっしゃる先生もいらっしゃれば、
「お嬢さんの志望校からすると、これは譲れませんので、

どうしても減らさなくてはいけないなら、これを減らしましょう」と
おっしゃる先生もいました。

早稲アカはそれで解決しました。

 

一方、学校はそうもいきません。

もう、秋になると目いっぱい。

 

学校の宿題をやる時間が本当になかったので、
娘は来る日も来る日も、休み時間に一人、教室で学校の宿題を解いていました。

 

それでもある日、提出していない箇所全てに先生が付箋を付けて返されてしまいました。


その付箋の膨大な量に、これは今すぐ提出するのは無理だと考え、

先生に個別に相談へ行きました。

 

その際、お話したこととしては、受験をしようと思っているが、
学校の勉強を軽んじないよう、娘にはずっと言ってきたこと。


しかしながら、現状、体力的にこれが精一杯なので、
付箋を付けていただいた宿題を、今すぐに全て提出するのは難しいこと。

 

しいては、誠に勝手ながら、3月上旬まで猶予をいただけないでしょうか。

とお話しました。

 

「それまでには、現在付箋が貼ってある分はもちろん、この先間に合わなかった宿題があったとしても、全て提出します。」と先生にお伝えしました。

 

そして、実際に受験が終わった後、自宅で溜め込んだ宿題を解いては、どんどん提出し、
最終的には2月下旬には全て出し終えることができました。

 

もちろん、成績は下がったかもしれないですが、

状況を理解し、猶予を下さった担任の先生には感謝しています。

 

宿題がまわらなくなると、本人が親が思う以上に思いつめてしまうことがあります。
最初から減らして子どもを甘やかす必要はないですが、

どうしようもない状態の時には
先生に相談しながら調整なさると良いと思いますよ。

 

それでは、今週も暑さが厳しいですが、

水分と塩分をしっかりチャージしながら頑張っていきましょう!
私達も頑張ります! 

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ