不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小5の夏休み後半。ママ塾でやったこと。算数・理科

<ママ塾プリント>

ママ塾の課題は、夏休みにやりたいと思ってコツコツと準備しておいた。

 

夏休み前の、糸の切れた凧の様な状態の時も、旅行から帰った時も

「このままだと、折角準備した課題に、手は付けられないかもしれない」

と最悪のケースを想定した。

夏もこのまま終わっていくのかと、あきらめかけていた。

 

しかし、ここに来て、娘はまるで別人の様なやる気に満ちているのだ。

準備していたママ塾プリントが、予想以上のペースでどんどん、はけていく。

 

私が小5の夏休みに一番やりたかったこと。
それは今までの組分けテストの中で、

できなかった箇所、解いたが間違ってしまった箇所の解き直しと強化だった。

 

間違った問題について、試験直後に一喜一憂するのは良いと思う。


しかし、「あ!ここで計算ミスしちゃった!」とか

「悔しい!凡ミスだ!」と、思った問題は、

 

「もう一度解いたら、本当にミスしないか?」ということを確認したい。

 

本当に凡ミスなのか?
それとも、何かの癖で間違いやすいのかを見極めたかった。

 

「ピンチはチャンス」だ。しっかりと身に付けたい。

 

算数は、娘のレベルでは、解けない問題があっても良いと思っていた。


しかし、大問1から、綺麗に難易度順に並んでいる組分けテストだ。

少なくとも半分までは、落とさないようにしたいし、

 

忘却曲線真っ只中で、忘れてしまっている単元も多いだろうから、

今一度、問題と向き合いたかった。

 

問題に該当する単元は、娘があらかじめ

予習シリーズや参考書、ノートに付箋を貼っておいた。

これで、いつでも確認することができる。

 

娘が早稲アカ合宿中に夫と作ったお受験本棚は早速、役立っていた。

リビングに不自然なお受験本棚は、初めこそ高圧的に感じたが、
問題が解けない時や、過去のテキストを見る時には抜群の威力を発した。

 

まるで頭の中が整理されたかの様に、

すっと本やテキストを取り出せることは本当に良い。

これから小6に入って活躍することは間違いなかった。

 

理科においては、解きなおす問題が多すぎたこともあり、

まずは、捨てていた物理単元をやりたかった。

その為に、原田式算数プリント※ も準備しておいた。

 

ここまでが、夕食前のママ塾での勉強だった。

苦手な物ばかり、やらされて苦しかったと思うが、

早稲アカハイテンションを利用させてもらい、

何とか夕食まで乗り切ることができたのだった。

 

※原田式算数プリント

https://www.sansu.info/print/

 

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ