不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小5の夏休み後半。充実している算数と理科に比べ、熱の冷めた国語と、手が回らない社会。

<ママ塾、一方で国語と社会は>

 

算数については、H先生の刺激により、

立ってはいられない程の追い風が吹いているので、どんどん勉強した。

 

やりたかったことは夏休み中に全て終えることができたし、
クラスの小テストも、朝のママ塾で何度も解いた甲斐があって、
毎回トップクラスらしい。

それはそれは嬉しそうだった。

 

H先生からもらったプリントは、山積みになることを覚悟していたが、
予想に反して着々と進んでおり、大方終わっていた。

 

「算数愛」に目覚めた夏だった。
来る日も来る日も夢中になって勉強した。

 

受験生活の2年間で、後にも先にもこれ程深く濃く

算数を勉強したことはないほどだった。

 

それは、辛い気持ちのない、100%前向きな集中力で、

間違えても、ミスしても、思うように進まなくても、

娘がやる気に満ちている為、私は何の不満もなく、

二人にとって「間違いなく最高の夏だった」と言えよう。

 

「本当に良く勉強した」今でもそう思える、充実した夏だった。

 

理科においては、ママ塾の課題も割と進んだ。
算数ほど深くは追えなかったが、及第点だ。


では、国語と社会はどうなのか?

国語は、使っていない問題集を利用し、

可能な限り、夏に時間をかけて長文読解をやるつもりだった。

毎日2つの長文を一緒に読み、線を引き、問いについて考え、基礎の基礎を固める。

これが理想だった。

 

夏期講習の国語の授業後、授業の様子を娘に問うと、
今日は理科の覚え方を教わったとか、「推理プリントをやった」と言うこととがあった。

 Y先生は大好きだが、

「大丈夫なのか?小5の夏期講習なのに。」と正直不安は否めなかった。

 

しかし、Y先生の名誉も兼ねて追記すると、


この時は知る由もないことだが、この推理プリントのおかげで

後の算数において、この後大いに助かることになるのだった。

 

算数で類似問題が出た時、二人で顔を見合わせ

「これ!!Y先生の推理プリントだ!」と大声をあげた程だ。

 

理科の語呂合わせも、結果として受験まで使ったのだから、

最終的にY先生には頭が上がらない。

 

しかし、国語への熱意はそんなこんなで冷めてしまったこともあり、
週に数回に減らすことにした。

 

取り掛かる日は、じっくり時間をかけて解き、

Y先生に教わったマーキングと、私のやっているマーキングとを融合した方法で
一緒に解き、答えがある場所のコツを教えた。

 

算数>>>>>>>理科>>>>>国語とバランスは悪かったが、

週、数日でも着手できた国語はまだ良い方だ。

 

社会においては、宿題が精一杯で、ママ塾の課題はできないまま終わった。

 

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ