不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

【週末番外編】受験前の皆様に役立ちそうな小話89_Let'sという言葉を使う事

<Let's魔法>


いかがお過ごしでしょうか。

今週末はテストがある塾が多いですよね。

試験前の皆様、どうぞ悔いが残らない様、頑張ってくださいね。

試験を終えた皆様、お疲れ様でした。

 

さて、今日は「Let's」について話します。

と、言いますのも、先週、『Let's魔法』を使う機会があったからです。

 

以前も小話で話したことがありますが、

2年間のママ塾で、一番効果があった方法は「〇〇しよう!」という

声掛けなのですよね。

 

「〇〇したら?」「〇〇しなさい」では動かない時も、これなら動く魔法の言葉。

 

先週、あまりに夏バテしている娘の様子が気になりました。

娘の最近の疲れやすさを警戒してはいたのですが、

とうとう娘が「お昼、素麺でいいや。食欲ない」と言うのです。

 

これには驚きました。
コロナ前まで、私の二倍近く食べていた娘です。

完全に夏バテですね。

 

慌てて「ねぇ、ちょっと泳ぎに行ったら?」と言いました。

娘はゴロゴロとしながら、「うーん」と生返事です。

 

「学校が始まった後、体力が持たないよ」とか、

「友達と楽しむには体力が必要だよ」と言っても、生返事が続きます。

 

やがて、「ママは今日行くの?何時に行くの?」と寝ながら聞いてきました。

私が「夕方かな」と言うと、「じゃあ、私も夕方にしようかなー」と言っています。

 

ここでハッとして、「Let's」を思い出しました。

そう、重い動きをスムーズにする魔法の言葉です。

 

「よし!じゃあさ、今行っちゃおう!」と言うと
「いまー??」と目を丸くして驚いています。

 

「そう!全は急げって言うじゃない。今なら空いてるし!貸切かもよ!」

と言って、さっさと仕度を始めると、娘は驚きながらも楽しそうです。

 

普段、私はプールに行くと、修行の様に黙々と1km泳いで帰るのですが、
その日は、娘が心配でしたので、
数百メートル単位で止まって、「今どれくらい泳いだ?」と娘に声を掛けました。

 

久々で、思うように泳げない娘の様子を見て、

「私、今日は体が重くて全然駄目ー。」と先に弱気な発言をすると、

娘も「私も全く駄目だー。ママ泳ぎ終わったら先帰っていいよ。もう少し頑張る!」

と言って、やる気を出していました。

 

それから2週間で4回二人で泳ぎに行ったのですが、他の日は同じ時間に出発するだけ。

二人でどちらが先に泳ぎ始められるか、身支度を競い合いながらプールに向かい、
あとは1キロ泳いで、泳ぎ終わった方が先に帰るという感じです。

 

一番大切なのは、『走り出し』なのですよね。


一人で動くのが億劫な時も、誰かと一緒だと、行く気になるもの。

 

これは娘だけではなく、大人も経験がある方が多いのではないかと思います。
恋人と喧嘩して泣いている時に、外に連れ出してくれたお友達。
仕事でミスをした時に、飲みに誘ってくれた先輩。

 

私も数々のお誘いの言葉に救われた経験があります。

 

「(一緒に)〇〇しようか」「(一緒に)〇〇しない?」という

言葉の威力を改めて感じました。

 

まだまだ残暑が厳しい日が続きます。

皆様もお体に気を付けてくださいね! 

 

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ