不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小5。2学期スタート。組分けテスト後のクラスダウンについての話し合い。

<新学期スタート>

ようやく落ち着いたので、娘と組分けテストについて話し合った。

 

算数は確かに前回と横ばいの120点は取れたわけだが、

内訳は全く違う。

 

一番の理由が、大問1と大問2を落としたというところだ。

 

今回は後半までトライしており、

その頑張って解いた後半の難しい問題にも丸が付いていた。

 

逆に言うと、大問1、2を落としたのは、久しぶりだったが
見直し前に腹痛のピークが来たのだろう。


筆圧から状況がよくわかった。

娘が、悔しがって泣くのも分かる気がして胸が苦しい。

 

腹痛トラブルがなければ、割と点数が良かったのかもしれない。

算数に関しては「本当によく頑張ったね」と素直に言った。

 

「たらればを言ってもキリがないのだけれど、

大問1大問2は、いつもなら取れてれているから、

これが取れていれば、150点は超えたね」と話す。

 

どうやらレベルアップの時の成績は、偶然じゃなく、

ちゃんと夏の実力が伴っているのかもしれかった。

 

「ママはね、夏あんなに頑張ったことを、誇りに思っているよ」

と、きっぱりと伝えた。娘は目を潤ませていた。

 

一方で、理社についても、話し合わなくてはならない。

 

今のクラスに上がってから、理社は下がる一方だ。

娘から聞く情報によると、理科の先生は優しい先生だが、

授業があまりよくわからないとのこと。


社会の先生に関しては、厳しい先生だし、居残りも追試もあるから

頑張ろうと思っているのだけれど

完全に眠くなってしまうとのことだった。

 

一つ下の理社のクラス、H先生達のクラスの方が良いのではないか。

 

「先生方にクラスダウンをご相談することもできるけれど、どうしたい?」と

率直に娘に尋ねた。

クラスダウンして、小5のうちに基礎中の基礎を固めるのも、悪くない。

 

娘はH先生のファンなので、しばらく迷っていたが

やがて、ボソボソと

 「あのクラスは楽しいんだけど、学校の友達がいるんだよね。

おしゃべりしちゃうかもなー」とか

「おしゃべりな男子が多くて、面白いことは面白いんだけど、落ち着きがなくて

授業に集中できないんだなー」と言っている。

 

 

娘はしばらく迷った挙句、

「やっぱり今のクラスのまま頑張るよ」と言って笑った。

 ならば今のクラスで、何とか頑張ってもらうしかなさそうだ。


YTの申し込みの他、今月は「志望校判定テスト」というテストも申し込んでいる。

 

志望校判定テストは、範囲がない試験だ。

今の娘と私にとっては、まだ早いと思っているが、これも「慣れ」の一つになるだろう。

 

いよいよ2学期のスタートだ。

これから忙しくなる。

 気持ち新たに頑張ろう!そう思ったのだった。

 

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ