不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小5 2学期。香蘭女学校2回目の学校説明会

香蘭女学校学校説明会2回目>

 

夏休みが終わり、秋の学校説明会シーズンが始まった。

 

前回、娘の運動会と学校説明会、

どちらを重視するか迷いに迷って選んだ、香蘭女学校の説明会。

予想以上に素敵な学校だった。

 

ガールスカウトの先輩もいらして、
迷子のお子さんを誘導しキビキビ行動される在校生の方々の様子に、

私はうっとりとした。

 

校長先生のお話も、チャプレンのお話も面白く、立教大学への大きな推薦枠もあった。

www.mangetsu-mama.com

 

帰路、迎えに来てくれた夫に熱弁したことが良かったようで、
「わかった。次の説明会、俺も見に行くよ」と言ってくれた。

 

しかし、残念なことに、私が参加した春の説明会を逃すと、
秋まで説明会がなかったので、待ちに待った説明会と言える。

 

実をいうと、この夏の後半の間に、夫婦の関係に、ずれが生じていた。

 

家族旅行が終わった後
私と娘は受験だけを見て、ハチマキをしながら走り続けており
没頭しすぎた私は、他が見えない状況になっていた。

 

夫は夫で出張や暑気払いなどで、帰宅が遅い日も多かった。

受験についてはもちろんのこと、

そもそも夫婦でゆっくりと話ができていない日々が続いていた。

 

しかし、そこで起きた組分けテストだ。

後で夫に聞いた話によると、

夏休みの間は、受験に向けて充実した日々を過ごしているように見えており、

安心していたのだそうだ。

 

そこから、あれよあれよという間に、組分けがあり、

ショックで体調を崩し、夜になっては、こっそり泣いていた私を見て

「知らぬ間に何が起きたんだ。大丈夫か」と心配したのだそうだ。

 

気晴らしにDVDでも見ないかと

ウォーキングデッドの新作を借りてきてくれたのも、

夫なりの気遣いだったそうだ。

 

確かに受験以外のことに、無理やり引っ張ってくれたおかげで、

回復も早かったと思う。

選んだDVDが、ゾンビ世界のサバイバルドラマということもあり、

現実とあまりにかけ離れていたので、

余計なことを考えずに済んだことが良かった様だ。

 

そして、ようやく再び走ろうと立ち上がることができた。

香蘭女学校の秋の説明会は、ちょうどそんなタイミングだった。

 

娘の偏差値はそもそも38からスタートした。

全体的に見ると、徐々に伸びているものの、アップダウンが激しく、

どの偏差値の志望校を選んだら良いのか、正直まだわからない。

 

しかし、最終的にどの偏差値で線を引くにしても、

偏差値から学校を選ぶことだけは避けたいというのが私の希望だった。

 

どうぞ娘をよろしくお願いいたしますと

安心してお預けできる、納得のいく学校にしたかった。

 

娘がそこで楽しく過ごす様子が見える学校を受験校にしたかった。

そして、私だけではなく、夫も納得し、

何より娘が行きたいと望む学校を選びたかった。

 

今回は事前の打ち合わせがほとんどできていない。

行きの電車で少しだけ話す。

どうか万事、滞りなく進みますように、と私は祈った。

 

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ