不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小5秋。理科の補習が始まる。先生への気持ちを伝える心がけ

<早速始まったK先生の補習>

 

迎えに行った夫の話によると
初日から、早速みっちりと教えて下さったらしい。

そして、大層幸せそうに仲良く先生と一緒に出てきたのだそうだ。

 

夫とも話をしたが、

「俺も先生と話したけど、背が高くて体が大きい先生で

話し方も丁寧で律儀な優しい先生だったよ」と言っていた。

 

娘は帰宅するなり私のところへやってきて
「ママ!何で遅くなったと思う?K先生の補講受けてたんだ」と
それはそれは嬉しそうに言う。

 

「あのさ、あの問題あったじゃん。私が全然わかんなかったやつ。
あれ!先生に教えてもらって完全完璧に理解したよ。」

そう言って娘は嬉しそうだ。

 

もうすでに10時を回っている。

娘はお構いなしに話す。

 

私は心からほっとした。


話を聞くと、何度も私が説明した問題は、やはり私の解法と差はなかった。


しかし教え方のレベルの差もあるし、
家族だと、どうしても甘えが出て

私の言う事を最後まで辛抱強く聞いたり、

理解しようと歩み寄ったりできないこともあるのかもしれない。


塾の先生がマンツーマンで教えてくださるので

真面目に聞いていることも大きいと思った。

いずれにしてもありがたい。

  

宿題を大幅にカットして頂けたお陰で、

再び私達は理科の基礎の反復をするようになった。

 

私が一度説明しても腑落ちしない問題は、もう深追いせず

どんどんとK先生へ質問することにした。

 

娘は分からないかった問題に〇をつけ、付箋を貼っていく。

 

それを見て、慌てて止める。
「付箋には、ちゃんと『K先生への質問』」って書いてほしいの。」

 

娘が驚いてこちらを見て

「え?だって、質問するのはK先生なんだからいらなくない?」と言う。

 

「そうだね。でもね、名前を呼ばれると、人は気分が良くなるものなんだよね。

とても大切なことなの。」と私は話す。

 

「付箋に書くことで、『K先生教えてください。K先生に教わりたいんです』

という気持ちがはっきりと先生に伝わるようになるから」

 

そう言っても娘はあまり納得できない。

 

「じゃあさ、大好きなH先生が『満月おはよう!』というのと、ただ『おはよう』というのと、どっちが嬉しい?」

 

と聞くと、そりゃ名前を呼んでもらった方だよ。

名前読んでもらうと嬉しいもんと娘も言う。

 

そうでしょう。人には名前があって、名前を呼ぶっていうことは、

とても重要なことなんだよ。

 

だから「お願いします」ってただ言うより、

「〇〇先生、お願いします」と言う様にしてね。

 

「K先生はこの付箋をご覧になって、
『僕の名前を憶えているんだな』とか『僕に質問しに来たんだな』とか
思ってくださるかもしれないし

 

『先生に教えて頂きたいんです。』という気持ちは、ひとつひとつきちんと言葉にした方が、ママは良いと思う」

 

そう説明した。

 

最初の頃は、面倒に思っていた娘だが、次第に慣れた。

小6になった頃には、付箋に名前を書くのは当たり前のこととなっていた。

 

「気配り、心配りは生きていくうえで、大切なこと。

本の少しの気遣いでも、人間関係は変わるんだよ。」

そう娘に伝えた。

 

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ