不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

【週末番外編】受験前の皆様に役立ちそうな小話98_四連休の様子、プレジデントFamily秋号の紹介

 <家族で資格勉強、プレジデントFamilyの紹介>

 

いかがお過ごしでしょうか。

最近、コロナ禍の在宅で過ごしたことを、何か見える形にして残したいね。
と家族で話していました。

 

娘や夫と話し合い、資格を取るのはどうだろうという話になりました。


先日の小話に書いた通り、娘は英検準二級を受けることにしたのですが、

夫もある資格を目指すことにしました。

 

夫と娘は資格取得の為の勉強をし、私は二人の分からない問題をフォローすると言う形で、

三者三様に頑張ることにしました。

 

4連休、まずは、夫が模擬試験を受けます。

試験官として私も近くに座っています。

テストが終わるまで無言でいますが、躓いた問題も見ています。

その後、採点し、躓いた問題の解説や、間違えた問題の解き直して、再テストをします。

 

 

その後、今度は娘の番です。

まず模擬試験。

娘の時は過去問同様、少し遠くで見守ります。

そして採点し、間違ったり、わからなかった問題を確認します。

 

4連休は、大きな外出をせず、毎日同じ流れで過ごしました。

 

やはり、夫も娘も、互いに様子が気になる様です。

娘はちょっとやきもきした様子で
「パパどう?受かりそう?」と聞いてきますし

 夫は夫で
「どう?英検。順調?」と聞いてきます。

 

それぞれに、

「とても集中して頑張っているので、この調子でいけば、きっと大丈夫」

と、言いつつ、

受験伴走時代同様、二人の勉強時間が終わった後も、

間違えた問題を洗い出したり、調べたり、私も忙しく過ごしました。

 

コロナがなければ、4連休だ!遊びに行こう!と外出したでしょうが
じっくり腰を据えて、勉強にはげむ連休も良いものだと思いました。

 

さて、最近、こちらの雑誌を読みました。

プレジデントFamily 秋号
10年後のわが子のため、さあ親の出番です!
勉強の遅れを取り戻せ

 

別途、東大読書という本を読んでいるのですが、

その中で、表紙や帯には、その本に関する沢山の情報があるので
隅々まで最初に読むことで、

より本の中身を理解しやすいという話があります。

 

そこで雑誌の表紙をじっくり見た中で、

一番ピンと来たのが、今回のプレジデントFamily。

 

東大生のマル秘テクニックや、東大生が読んでいた本、

使いやすい文具やリフレッシュグッズ、机の上に置くべき「没頭」グッズの紹介など

情報盛り沢山でした。

 

東大生の読んでいた本の紹介ページでは、ハリーポッターの写真もあったので、
すぐに娘が寄ってきて興味津々。

 

「これ読んだ!これ見たことある!」と言って楽しそうでした。

これを機に、読書の幅を広げられそうです。

 

また、秋からの受験学習に向けたアドバイスや、

志望校選びのアドバイス、休校期間中に各塾で習うはずだった内容の記事も勉強になりました。

 

読み応えがあり、お勧めですよ。

 

今週は全国的にお天気が不安定なところが多そうですね。

季節の変わり目でもありますので、どうぞ体に気をつけて、

体を冷やさないように気を付けながら、今週も頑張りましょう!

私達も頑張ります!

 

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ