不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小5第6回組分けテスト前。理科、社会の勉強の様子。

<小5第6回組分けテスト前>

 

今回の組分けテストの理科の範囲は、
「地球と太陽(1)」「地球と太陽(2)」「水溶液の濃さ」「動物のヒトの誕生」だった。

 

地球と太陽は娘がかなり苦戦した単元だし、
私も説明しながら、どうも混乱してきてしまう。

二人で予習シリーズとにらめ合いをする日々が続いた。

 

それでも腑に落ちない問題は、

K先生の補習で質問させていただいだ。

しかし、その場は納得するのだが、後でどうもしても、混乱してしまう、

混乱しやすい単元だった。

 

水溶液に関しては、算数の問題の様で解きやすかったので基本的に問題はなかったが
それでも私の説明で少しでも娘が顔を傾げれば、

「よし!これも月曜日にK先生に質問しよう」と
毎週月曜日のK先生の補講に回すことができたので、有難かった。

 

K先生のお陰で、私と娘の関係は良くなった。
娘は分からない説明を聞いてイライラと八つ当たりしてくることも減ったし

私は私で、どう説明したら分かってもらえるのかと

途方にくれることもなくなったからだ。

 

やはり秋になり、学校見学や説明会が増えていたので、

こちらも夏までの様にはいかなかった。

どうしても持ち時間が減ってしまうので、

わかりやすい様に、何度もかみ砕いて説明を考える時間がない。

 

先生の補習は本当にありがたかった。

 

動物とヒトの誕生に関しては、暗記することが多いので
元の学習に戻し、何回もコピーして、反復をひたすら繰り返す。

それもこれもみな、K先生に相談して、

娘だけ宿題を大幅に減らしていただいたことが大きかった。

 

完全な暗闇で、仏壇の前で泣いていたあの日、
頑張って立ち上がり、勇気を出して電話したあの日の一本の電話により

暗闇から脱出することができた。

娘は再び、「私理科が好きなの!」と言うようになった。

何より重要な変化だと思う。

 

一つ下のクラスだった頃と同様、再び娘は理科に熱を入れ

算数と同じくらい理科も熱心に勉強するようになった。

 

社会の範囲は、ここから歴史に入る。


最初は日本の歴史の漫画を読むと良いと聞いていて、
どれが読みやすいか、絵が好きか、一緒に本屋さんに選びに行くつもりだったのだが

値段が高いこともあり、母が選んでプレゼントしてくれた。

 

残念ながら、二人で選ぶことはできなかったが、
娘は絵が気に入ったようなので問題はなかった。

かなり熱心に歴史の漫画を読み、隙あらば藤原道長の真似をしていた。

 

まだ、この頃は社会のパパ塾も続いていた。
基本的には娘が漫画本を読んで、時折質問するという流れだったので
関係も良好だったようだ。

 

夏の様な激しい情熱ではなかったが、

静かながらも熱心に打ち込んでいた日々だった。

 

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ