不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小5第6回組分けテスト、直前のレベルアップ授業にどうしても出たいという娘の要望

<組分けテスト直前、どうしてもレベルアップ授業が受けたい>

 

お医者様から治癒証明書を出していただいた日は
早稲アカの算数のレベルアップ授業の日だった。

 

治癒証明書を出していただいたものの、

それは、ほとんど食べていないからであって

決して元の体調に戻っている訳ではない。

 

私としては、組分けテストを受けたい、

という娘の意志を尊重して病院へ連れて行ったのだが

治癒証明をいただいて、安心した娘は

今度はレベルアップ授業に出たいと言うのだ。

 

朝は少量のお粥しか食べていない。

こんな絶食に近いような状態で、授業など受けられるのだろうか。

 

「そうね。授業に出てもお腹は大丈夫だと思うけれど
組分けテストは4科目も受けなきゃいけないんだよ。

病み上がりなんだから、今日はしっかり休んで早く寝て、
組分けテストに体力を残した方が良いよ」と私は言った。

 

「でも、レベルアップって、うちのクラスだと、とっても大事なの。
レベルアップの点数と、当日の組分けテストの点数は、

ほとんど一緒になるってH先生が言ってたし、私もどれ位できるか気になるよ」

と娘はなかなか譲らない。

 

「そこまで言うなら、行っても良いけど、今日のことで疲れて

組分けテストに響いてもママ知らないよ」とも言ったが

娘は「分かった」としか言わなかった。

 

仕度をしながらハッとした顔をする。

クラスには同じ学校のお友達がいるのだ。

 

「ママどうしよう。学校さぼっていると思われちゃうかな」と娘が言う。

 

「でも治癒証明書を出していただいたのは今日だから、
今日、病院の先生に治癒証明書を出してもらえたから、

来週から学校へも行くよって、素直に言えばいいんじゃないかな。

嘘はついていないから」

 

と助言すると、娘はほっとした顔をした。

 

体力がない現状で無理をすることが気になった。
大丈夫なのだろうか。

 

娘を送り出した後考える。
やはりここは首に縄をつける位の気持ちで、引き留めるべきだったのかもしれない。

 

一方で、レベルアップから帰宅した娘は上機嫌だった。
久しぶりに早稲アカのメンバーと会えたことや、

H先生の授業を受けられたことはもちろんだが、
驚くべきことに、組分けテストの模擬問題で、140点を超えたのだ。

 

私も思わず喜びいつもの喜びの舞を踊りながら、二人ではしゃいだ。

ひょっとしたら、この子は本当に力がついてきているのかもしれない。

そう思って嬉しかった。

二人で飛び上がって喜び、胃腸炎がどこかへ行ってしまったかの様だった。

 

しかし、この時に全ての集中力と体力を使ってしまったということが

この先どういうことになるのか、

まだ気が付いていなかったのであった。

 

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ