不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小5第6回組分けテスト、自己採点の結果。

<小5第6回組分けテスト自己採点の結果>


娘が落ち着いてから、自己採点をした。


「何から採点する?」と聞くと「理科」と即答する。

さっきまで泣いていたので、算数が以外がどうなったのかまだ知らない。

悪かった算数の結果を引きずらずに、他の科目もできたのだろうか。

 

理科の自己採点の結果は、思いの他、高かった。

よしっと娘が言ってこぶしを引く。
69点/100点中だった。


これは過去2番目に良い点数で、

偏差値55弱は行くだろう。

二人で顔を見合わせてハイタッチをした。


これもひとえに、理科のK先生のお陰だ。
宿題を減らしてもらったことで、基礎固めができたこと。


そして、私の説明では腑に落ちない問題を

全て月曜日の補習に回し、K先生に教えていただくことにした為

時間を有効に使えたことが大きい。

 

補講から帰ると、

娘が「理科好きになった!先生の説明わかりやすいし面白いんだよ」と言う。


無邪気な顔で、K先生と教室から出てくる姿が夫にも私にも印象的だった。

 以前にも書いたが、北斗の拳の山のフドウの肩に乗っている少女の様だ。

K先生を信頼し、懐いていた。本当にありがたい。

 

「偏差値が出たら、すぐにK先生に報告しようね」と言うと

娘も、うん!と元気にうなずいた。

 

次は国語だ。
国語の場合、記述問題で何点取れるか定かではないが

何とか苦手意識を克服しようと、

この一ヶ月で、問題集1冊の長文を二人で解いてきたので、結果が知りたい。

 

私のノウハウはしっかり教えてきたし、
本を読むように、じっくり本文を読んでいた頃に比べ
問題を意識して解けるようになったと思う。

 

自己採点の結果は100/150点中

確定ではないが、おそらく小5に入ってからの自己ベストだ。

こちらも二人でハイタッチして喜んだ。

 

社会も楽しそうに歴史漫画を読んでいただけのことはあり
52点/100点中だった。


理科と比べると低いが、今まで社会は壊滅的で、20点から始まったのだ。
今回から歴史に入ったこともあるだろうが、これでも地道に伸びている。

 

最後に算数の自己採点をした。

自己申告の通り、解くには解いたようだ。
しかし正答率が低く、結果は96点だった。

 

娘が大泣きした理由が分かってきた。

目標としてきた150点越えどころか、

ショックを受けた前回よりも、更に20点以上低いのだ。

 

熱心に教えてくれる算数のH先生の期待にこたえたいと、思っていたのだろう。

レベルアップで今度こそ行けると自信もあったのだろう。

娘はまた泣き出してしまった。

それ位娘にとっての算数は全てで、大きなウェイトを占める科目だった。

 

再び娘を慰めながら、

これはもう、H先生のお力を借りるしかないだろうと覚悟を決めた。 

 

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ