不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

【週末番外編】受験前の皆様に役立ちそうな小話106_半沢直樹ロケ地の大階段と受験直前の睡眠時間について

半沢直樹ロケ地と睡眠について>

 

いかがお過ごしでしょうか。

私は先日まで、半沢直樹を毎週楽しみに見ていたのですが
ドラマの中で、頭取を中心とした銀行の上層部が降りてくるあの階段が
東京国立博物館の本館大階段だと知りました。

 

言われてみれば、確かにそうです。

 

有難いことに、コロナ外出自粛明けに行った際、

無料チケットをいただいていたので

改めてあの階段が見たくなり、散歩がてら行ってきました。

 

半沢直樹のロケ地となると、混雑しているかと思ったのですが
今は博物館そのものが予約制なので、混雑していませんね。

 

そもそも博物館は広く、見る場所が沢山ありますので、
皆さん、無言で階段で写真を数枚撮って、さっと移動されていました。

 

普段はレッドカーペットは敷いていないものの、
光が多く差し込み、改めてどこを撮っても、素敵な写真が撮れる場所ですね。

 

個人的に利用する為の写真を撮ることは許可されていますが
逆に、有料でロケ地として本格的に撮影をすることもできるようです。

大階段以外にも、本館ラウンジや表慶館なども素敵です。

ウェディングドレスの撮影をここでなさっている方もいらっしゃるようですね。

www.tnm.jp


さて、今日は睡眠時間について書きます。

 

娘はロングスリーパーです。
私も比較的同じタイプだと思います。

 

逆に夫はショートスリーパータイプで、6時間寝れば十分元気ですし

それ以上は眠れないとよく言います。

 

私達は1月に入ってすぐに1月校の受験が始まったのですが、10月末頃からでしょうか。

 

最後の追い込みをかけていた周りの方と、逆行した形になりましたが

思い切って睡眠を一番にするようにしました。

 

なぜそうしたのかと言いますと、

合不合判定テストにおける成績が低迷していたこともあるのですが

疲労も重なり、体調が良いとは言えない状態だったのですね。

 

先輩ママさんや人生の先輩にも随分と話を伺いました。

皆さんそれぞれ、試行錯誤をされ、悩んだり苦しまれて、

今があることのですね。

お話を聞きながら、娘のとっかかりを探っていました。

 

そして、ふと「睡眠が足りないのではないか」と思ったわけです。

 

しかし、早く寝るという提案に、娘は納得しません。
もっと勉強したい、まだ頑張りたいと焦っています。

 

そこで娘には2つの話をしました。

 

一つ目は、体に十分な睡眠が取れていれば、朝は目が覚めるはず。
もし早く目が覚めて時計を見た時に、5時半以降であれば、

起きて来て勉強しても構わないこと。

 

二つ目は、睡眠不足の中で勉強している早朝の勉強タイムより、

十分な睡眠を取った方が、絶対に正答率も上がるから、

試してみようということです。

 

娘は毎日、日々計算を解いていましたので、結果はすぐにわかりました。

あれ?いつもより早く解ける。とか

確かに間違えないかも!とか。

 

一度そう自分思うと、自然に自信もついてくるもの。
あれ?いつもより体調が良い気がする。
あれ?いつもより、頭の回転が早い気がする。

 

小さな積み重ねが、少しずつではありますが、

気持ちの面でも前向きになっていきました。

 

そして、睡眠時間を増やしてから1ヶ月程経過した12月頃からは

体調も万全、成績も安定。

ようやく安定した時期に入ることができました。

 

健康な体は大切ですね。

 

追い込みも大切ですが、体調を整えることも大切。

少しでも体がすぐれない時は、睡眠をしっかり取って

体調万全で冬に望みましょう。

 

まだまだこれからですよ!

 

私達も日々頑張ります!

 

f:id:fukutsuno_toushi:20201017212610j:plain

東京国立博物館

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ