不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小5、秋。3度目のYT週テスト前日、またしても荒れる娘。

<3回目のYT週テスト>

 

YT週テストを受けるようになって、飛ぶように時間が過ぎていった。

 

第8回は算数の単元が平面図形と比、理科が電流と抵抗、国語は助詞。
社会は安土桃山時代と、どの教科にしても重かった。

 

こと、今回の算数は、宿題が多いことが悩ましい。


娘はH先生の図形の授業が楽しくてしようがないと言っていた。
授業後アウトプットする時も楽しそうだったし、

平面図形そのものも好きなようだ。

 

やる気を見せ、頑張りたいと言っているのは素晴らしいことで応援したいが、

娘はH先生に嫌われたくないので、絶対に算数の宿題は提出する。

ゆえに、宿題のボリュームがあると辛かった。

 

結局、水曜日は算数の宿題に追われてしまい、
またしても金曜日に全ての教科を抱えるという、

先々週と同じ、負のパターンに陥った。

 

学校から帰った娘は、
翌日の週テストのことは分かっている様だ。

黙って机に座る。

 

「よし!今週も辛いのは今日だけだから頑張ろうね!」と私は明るく声をかける。

 娘は黙っている。

 

先日の授業後、理科の電流と抵抗が理解できなかったと言っていたので
「まずは理科からやろう」と私は言った。

 

予め準備しておいたので、説明を元に一から教えていく。

「そんなに難しく考えないで大丈夫」と言いながら、白紙に図解して説明していた。

 

その時だ。

「もう間に合わないよ」と娘がイライラし始めた。

「そんなことない。まだ4時だよ」と私が言っても

どうも金曜日は踏ん張りがきかない。

 

いつもの様に、辛抱強さないのだ。

物理的に疲れているせいもあるのかもしれない。

 

「じゃぁ理科は後にして、国語の助詞やろうか」と話し、

国語に切り替えたが、娘にしたら、国語の助詞は更に難しく感じた様だ。

 

どんどん機嫌が悪くなる。

 

「あー!!もう間に合わないよ!」そう言ってワーワーと泣き始めた。

「学校だって大変なんだよ」とブツブツ言っている声が聞こえる。

 

そうだよな、今日は7時間授業だものな。と私も思うが

涙を止められない。

週テスト前は、組分けテストの様に、なだめることができないのだ。
 

「じゃあ、明日の週テストは休む?」とか
「そういわれてもやるしかないよ」とか
「できる範囲で頑張ったらいいよ」とか

なだめすかしても、

 娘はプツリと切れて、わざとなのか、近所に聞こえるほどの大きな声で泣いた。

 

攻撃的になるパターンも困るが、途方もなく泣かれるのも困る。

あれこれ手を尽くしたが、

私では難しい、と判断した私は娘を母のもとに預けることにした。

母に愚痴って復活できるかもしれない。

 

いずれにしても、今夜も先が長そうだ。

私はベッドに横になって目を閉じた。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ