不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小5、秋。3度目のYT週テスト直後。どうして勉強するのか、それは『自分の世界を広げる』為なのだ。

<勉強すると世界が広がる>

 

三度目のYT週テスト娘が帰宅した。

「ただいまー。ひゃー疲れた。」と言って玄関に倒れ込んでいる。

  

「おかえり。どうだった?」と聞く。

 

今まで、

月に1回の組分けテストしか受けていなかった時代は、気が気ではなく、

寿命が縮まる思いでこの瞬間を迎えた。

 

しかし、テストが毎週となると、親の方も良い意味で緊張感が薄れ、

リラックスした状態になっていく。

 

いや、毎週起こる金曜日の大荒れから、

土曜のテストに向けての全力疾走に疲れているのかもしれない。

 

ただ、週テストを始めた一番の目的である緊張型の腹痛は、気配も見せなくなっていた。

これだけでも、私達にとっては十分な成果だ。

 

「あのね、今日は〇〇ちゃん達と喋ったよ。
この間、算数で貼りだされたから、すごいねって言われちゃったー。
〇〇ちゃんに褒められるなんて、超嬉しい」と幸せそうだ。

 

「それでね。〇〇ちゃんが『この子が満月ちゃんだよ』って紹介してくれて、

一つ上のクラスの人とも話したの。」と娘が続ける。

 

「その一つ上のクラスの人にね、

『ふーん、あなたが満月さん。算数いつも載ってるね。

これだけ成績が良いのに、何で今のクラスにいるの?』

って言われたんだよ!!私すごくない???」

 

と舞い上がっている。

 

娘にとっては、低学年から早稲アカに通い、

上のクラスに通っている人は雲の上の存在だ。

普段は交流する機会もない。

 

それが、今回YT週テストで話す機会があった上、

自分の名前を知ってもらえた。

その上、「早く自分のクラスにおいでよ、待ってるよ。」と言ってくれた。

素直な性格の娘には、この上なく誇らしく、喜ばしいものだったらしい。

 

娘にとって、立派な友達は、常に尊敬の対象であって、

あんな風になれれば良いのにとか、自分は〇〇ちゃんとは違うと

卑屈になることも、ライバル視することもない。

 

常にキラキラとした視線で憧れ、話しかけれられて喜び、

また頑張ろうと思えるのは、

娘の良いところでもあると思う。

 

「頑張って勉強すると、どんどん知り合いが増えるね。嬉しいな」

と繰り返していた。

 

なるほど。確かにそうだ。とても大切なことだ。

 

受験勉強に注力していると見失いがちになるが、

そもそもどうして勉強するのか。

 

それは『自分の世界を広げる』為なのだ。

 

娘は早稲アカに入ってまだ1年も経っていない。

自分から名を売り込んだわけでも、積極的に話しかけたわけでもいないのに、

勉強を通して、知り合いが増えている。

 

一番下のクラスから始まり、少しずつ成績が上がると共に、

徐々に上のクラスの人との交流が生まれている。

 

確かに、この10歳の小さな娘においても世界は広がっている。

 

「私もっと勉強して、上のクラスに行けるように頑張るよ!」

娘はそう言った。

自分で感じ、自分で前を向く。娘の横顔はたくましかった。

 

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ