不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小5、秋。3回目のYT週テストの結果。毎週テストを受けるメリットを考える

第8回YT週テストBコースの偏差値>


算数 85/100点中  117位/1713人中   偏差値61.76
国語 64/100点中 374位/1713人中 偏差値57.69
理科 44/70点中   558位/1680人中 偏差値54.05
社会 56/70点中   296位/1648人中 偏差値58.35

4科目偏差値 239/340点中 114/1647人中 偏差値63.67

 

前回に比べると、算数は奇跡の偏差値72から、少しダウンし偏差値62。

単元の難易度にもよるが、たった6点で偏差値が10以上変わるのかと驚く。

しかし、算数が3回とも偏差値が60を越えて本当に嬉しい。

 

組分けテストだと、その日の体調にも大きく左右され、アップダウンが激しい上
そのダメージは計り知れない。

 

しかし、週テストだと、単元ごとに分けたテストなので

どこまで理解できているかが明確で受け止めやすかった。

 

国語は点数が低かったので期待していなかったが、助詞が難しいのか
前回より15点低い割りに前回より偏差値は1ポイント高かった。

読解問題は解答用紙を見ても、問題文を見ても、娘の奮闘が分かる。

組分けテストより易しいのか、取り組みやすそうだ。

 

理科は前回と同じ点数だが、偏差値は4ポイントアップ。

K先生が「40点取れていればOK」とおっしゃっていたので、焦りはなかった。

娘が金曜日に、勉強の途中で切れて投げ出してしまった様に、

電流は分かりにくい単元なのかもしれない。

 

結果として金曜日は、理科しか勉強できなかったが、

それでも食い下がった成果が出て嬉しい。

 

驚くべきものが社会だ。
偏差値58?前回より21ポイントアップとは。

 

前回は1648人受けて自分より下が232人しかいないという順位だったが、

今回は上から数えて296番目なのだ。

社会は、きちんと勉強すれば、きっと点数になるのか。


そこまで回せない自分の不甲斐なさを悔やむと同時に、

祖母塾の効果を知る。

 

祖母塾先生へのオファーは、ぴしゃりと断られてしまったが、
せめて夕食の時などに、母にその週の歴史の単元の話を出してみようか。

 

母と娘が歴史の単元について日常会話をする中で、

娘が今回の様に歴史に興味を持つかもしれない。

 

夕食の時の話題は、受験と塾以外のことと決めていたが、

こっそりルールを変更することにしよう。

 

YT週テストを始めてから、腹痛問題から解放された上、

高得者の貼り出しや、先生からのお褒めの言葉もあり、娘のモチベーションは上がり

金曜日以外の娘は絶好調だった。

 

塾へ行くのが楽しみで早く行きたがったし、意欲的に授業を聞いた。

そして、知り合いが増えた分、塾弁当や休み時間も楽しそうだった。

前向きな力で満ち溢れていた。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ