不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小5、秋。2クール目のYT週テスト初回。何も知らない私はBコースとCコースにこれ程の差があると思いもしなかったのだ。

<とりあえず、いつも通りで頑張る>

 

Cコースになったものの、どれ位難易度が上がるのか
どの位、歯が立たないのか見当もつかなかった。

他のお友達がどうやって勉強しているのか、教えて欲しいくらいだ。

 

ただ、先日YT週テストの存在を教えてくれた、優秀ママさんが
「コースによって偏差値はバラバラよ。上に上がれば上がるほど、
偏差値は下がっていくから。すごいの出してくるわよ。

『こんな偏差値あるの?』って思わず言っちゃったもの。」

 

と笑いながらおっしゃっていたので、

あのしっかり者で優秀なお嬢さんですら、そんなことになるのであれば

娘は大変なことになるかもしれない。

 

そうでなくても今週は時計算のすーぱー冊子で天手古舞だったのだ。

 

国語は、『短歌、文語的表現』が今週の単元で、娘が苦手な範囲だ。

 

何と説明したら良いか頭を抱え、できる範囲で教えていこうとするが

どうも教える側の私のイライラの方が収まらない為、コンディションが悪い。

この日の私は良い先生ではなかったと思う。今回の国語は半ばあきらめていた。

 

一方で、理科は『水溶液の性質』だった。

娘が大好きな作業だ。

先日カラーヒーリングをしてくれたひとみ先生が

「お嬢さんはずっと前から目標を決めているのではないですか?

一つのことに向かって突き進むところがあります」

とおっしゃっていたことを思い出す。

 

そういえば

職業体験は薬局を選んでいたし

そういえば、

「どうして、水だと砂糖が全部解けきれないんだろう」


「どうして、お湯だと解けるんだろう。解けたら砂糖どこへ行っちゃんだろう」

 

と言った感じで、思い浮かぶ疑問を次々に質問していた。

 

私は何となく受け流して、

「帰ったら調べてみよう」で終わりにしていたのだった。

 

週テスト前、偶然理科のK先生にお会いしたので

「まだ今週の週テストの勉強は、あまりできていないです」と伝えた。

いつも通り優しく返してくださると思っていたのだ。

しかし、いつもは優しいK先生が珍しくきっぱりとおっしゃった。

 

「例えクラスが上がっても、40点を目標に引き続き頑張ってください」

「女子校、水溶液よく出ますよ。生物も出ますよ」

 

私は襟を正した。

理科のプロがそうおっしゃるなら頑張るしかない。

甘えたことを言っている自分が情けなかった。

  

社会は江戸時代の続きだ。前回、江戸時代で結構な点数が取れていたので、

本人も私もどこかで油断していた。

念の為聞くと、案の定、娘はテストに出る部分の漫画を読んだだけだった。

今週今からで間に合うとは思えない。


すべてはBコースの感覚で、もしBコースだったとしても、仕上がりの悪い一週間だった。

けれもBコースもCコースの差など、何も知らない私は、何となく何とかなるだろうと思い込み

娘が泣いて帰宅するまで、歌を歌っていた。

 

ケセラセラ♪ なるようになる♪ 未来は見えない♪ お楽しみ」

と言う歌だ。

 

これは私が仕事中、根詰めすぎる時や、深刻過ぎる時に、

よく上司がおっしゃていたのだ。

 

「満月さん、大丈夫。なる様になる。

ケセラセラの歌でも歌って気分転換するといい」と。

 

ネットで調べて聞いてみたら、何となくポジティブになったので、すっかり気に入って今でも時折歌う。

 

懐かしき上司の顔を思い浮かべながら、静かに土曜日の午後を過ごした。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ