不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小5、秋。2度目のYT週テスト。初めてのCコースに打ちのめされる

<YT週テスト初めてのCコース>

 

YT週テストから娘が帰宅した。
ケセラセラを歌っていた私は娘の表情を見て一転する。

口をへの字に曲げて今にも泣き出しそうだ。

 

月次で行われるテストと違い、週テストでこんな顔を見ることになるとは
予想もしていなかった。

 

「難しかったんだよ」とぼそりと娘が言う。

「そうなんだ」と言って背中に背負っているリュックを受け取る。

私の手にリュックの重さがずしんと届く。
こんなに重いリュックを、たかが10歳の生徒が背負って
幸せな休日を楽しむ土曜日に頑張って勉強しているのだと思うと切なくなる。

 

「算数、Bコースの時はいつも80点以上だったじゃん」と娘が言う。
「でもさ、今回58点しか取れなかったよ。あんなに時計算頑張ったのに」と

娘が涙をこぼす。

 

うんうん、と黙って聞いて背中をさする。

 

「今回は算数以外ほとんどできなかったから、他の教科はきっともっと偏差値も低いと思う」と娘が言う。


「でもK先生と約束した理科は、ちゃんと44点取ってきたから」と言う。

「すごいじゃない!よく頑張ったね」と私は褒める。

先生にぴしゃりとお言葉をいただいた後、二人で頑張った甲斐があった。

 

「塾のクラスみたいに受けるテストも選べたら良いのにね。」と私が言うと

「ほんとそうだよ。Cコースなんて、逆にやる気無くすよ」と娘が怒って言う。

 

YT週テストは、組分けテストの偏差値が出ると同時に、クラスが決まってしまうので
親の希望は通らない。

クラスが上がれば受ける層も上がるし、問題も難しくなる。

 

組分けテストの後、無理を言って、理社のクラスアップをお断りして良かった

と心の中で思った。

 

週テストがボロボロなうえ、授業もハイレベルで宿題に追われていては
娘がめちゃくちゃになってしまう気がした。

 

「Cコースのテストはさ、解き直し専門って考えようよ。
偏差値が悪くたって、ママ何とも思わないよ。

解きなおす問題は今までより増えるから大変だけど、先生方に質問していこう!」
そう明るく言った。

 

これから毎週テストがあるのだ。その度に泣いたり怒ったりしては身が持たない。

ここはいっそのこと、開き直っていく方が良いに違いないと直感で思った。

 

今まで以上にテスト前の勉強を頑張ることは時間の都合上無理だ。
ならば解き直しに力を入れようと割り切るしかない。

 

私は大丈夫、大丈夫と繰り返した。

「今までだって、道は見つけてきたよね。必ず道はみつかるよ」

そう言って、泣いている娘の背中をさすり続けた。

 

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ