不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小5、秋。第12回YT週テストCコース2回目の偏差値、低迷飛行は続く

<第12回YT週テストCコースの結果>

この週の結果が出た。オール偏差値40台。

算数 53点/100 644位/994人中 偏差値 45.03
国語 54点/100 820位/994人中 偏差値 40.51
理科 42点/100 741位/994人中 偏差値 43.02
社会 48点/100 692位/994人中 偏差値 44.49

4科目 197点/340点中 816位/974人中 偏差値40.38

 

算数は前回より5点マイナス。
宿題が多く、仕事算もスムーズに理解できなくて手こずり、
先週の授業で学習した流水算の復習ができなかったことが原因だろう。

 

先週の段階では、

流水算の「上下せ川」を呪文のように呟きながら楽しく流水算を解いていたのだが
やはり忘却曲線を侮ってはいけないと反省した。

先週できた問題も、計算途中で投げ出していて悔しい。


今は詰め込むことに精一杯。

どんどん吸収して頼もしい一面もあるが、

その分、やはり忘れる速度も早いのだろうか。

 

コップに入れる水の量の様に、一定の量しか入らないのかもしれない。

 

国語に関しては先週の短歌に続き、俳句という難しい単元だったので
昔からワセアカに通っている受験生との差が著しかった。

 

娘にとっての俳句は学校の教科書に出てきたレベルしか知らないので
きちんと時間を割いて、YT週テスト対策をしたかったのに、もったいないことをした。


理科は先週に引き続き、水溶液だったので、4科目で最も安定感があった。

月曜日にK先生の理科の補習があったことも効果的だった。

前YT週テストを解き直し、分からない問題について先生に伺うことができたからだ。

 

YT週テスト前は、私が教え、テスト後はK先生、と住み分けできていることがありがたい。

目標としている40点も超えた。

 「水溶液は、女子校でよく出る」とK先生から伺っていたので、

時間がなかった今週も理科を優先して良かったと思う。

 

社会は先週、偏差値27だったことを、私よりも本人が反省し、

自発的に勉強したいと言って取り組んだ。

 

実をいうと、私は算数の復習と国語を勉強したかったので、娘ともめたのだが、

結局、娘の熱意を優先することにしたのだ。

 

社会は、すぐに偏差値として返ってくるところが有難い。

最後に詰め込むことができるのは、もしかしたら社会になるかもしれないと、

この時思った。


4科目偏差値としては先週から1ポイントアップの偏差値40だった。

頑張ったところで、Bコースの様に偏差値70を超える奇跡はないと、分かってしまったので、

いささかやる気が出なかった今週だった。

 

しかし、試験会場で、娘は尊敬する二人の友達会えたようだ。

『尊敬する友達パワー』というのは大きい。

娘は知らぬ間に、再びやる気を取り戻していたのだった。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ