不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小5、秋。3度目の週テストに備えよ。今だから思う反省点

<今だから思う各科目に対する反省点>

この週の算数も、実際の授業とYT週テストの内容がずれていた。
しかし、週テストの出題単元が『仕事算』ということは良かったのかもしれない。

 

先週のテスト範囲は『流水算』だったが、すらすらと解けたはずが
あれ?何だったっけ?と、忘れてしまっていた。
意外なことに、問題文も理解できず苦戦した『仕事算』の方が記憶に残っていた。

 

「今週こそ、宿題と週テストの勉強を両立させよう!」そう私は言った。

「うん!MちゃんやSちゃんに負けないように頑張らなくちゃいけないからね!」

と娘が張り切る。

 

この頃の基本的な一週間の流れとしては、

学校から帰ると、その日学校であった出来事を話しながら、軽食を食べる。


学校で事件があることも多々あるので、

対応が必要だったら学校へ連絡したり、ママ友さんに連絡したりする。

その後、娘はお弁当を持って塾に向かう。

 

塾へ行くと

月曜日のK先生の理科補習の他に、社会の追試や、

H先生のイレギュラーな補習があるので、

帰宅するのは21時半から22時の間だ。

 

朝の学習時間もあるので、娘の睡眠を確保する為に、

算数の授業のアウトプット以外は、一緒にお風呂に入って聞く様にしていた。
同性はこういったところが楽で良い。

 

塾から帰宅した娘はほぼ興奮状態にあるので

体を洗いながら、弾丸の様に話す。

それを湯船に浸かって聞いている。

 

逆に娘が湯船に浸かっている時は、

実はシャワー音で聞こえないこともあるが、ふんふんと返事はしていて

重要そうなところは、シャワーを止めて、

「え?もう一回話して」などと言うこともある。

 

睡眠時間を確保しつつ、週テストと両立させるにはこれがベストだった。

 

しかし、今振り返ると、算数以外の授業そのものについて、

うまく使えていない部分が多かった。

 

この頃は、全科目を復習型にしていて、

授業を受けた後で、自宅でテストに備える形にしていたのだが、

果たしてそれで良かったのかと今は思う。


例えば、国語と社会においては、どこかで予習時間を作っておき

予習してから授業に出るようにすれば、授業の内容が頭に入ったのではなかろうか。

勿体ないことをした。

 

塾から帰宅後、授業内容をアウトプットするのも算数だけに徹していたが、

これも、もしかすると、他の科目もアウトプットしておけば、

記憶の定着率は高まったかもしれない。

 

ただ、それは今だから言えることで、

この時はこれができる限りの策だった。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ