不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小5、秋。YT週テストCコース3クール目。リュウザン、アンザン、ゲンキナコ、Kセンセイ、ハンゴロシ

<3クール目のYT週テスト>

3クール目のYT週テストは楽しかった。

 

娘が『友達のライバルでいられるよう、頑張る!』と宣言した通り

常に意識し、強い精神力をもって自制していた為、

キレたり投げ出したりすることがなかったことが大きい。

 

算数は『仕事算』だ。

基本問題は比で考え、応用として、つるかめ算を使ったり、ニュートン算を使ったりする。

 

先週は、仕事用語そのものも理解できず、混乱してキレていた娘だったが

続けて2週粘ったこともあり、

ある程度、言葉を理解し、問題の傾向にも慣れてきたようだ。

 

本当は問題を読み吟味した上で、

自分でどの解法がベストか考えてほしかったが

仕事用語から躓いている娘なのに、更にその仕事算を

特殊算であるつるかめ算ニュートン算で解くとなると、

言葉そのものにノックアウトされてしまうようだ。

 

であれば、まずは、先生に教わった解法で解けるようにしようと言う話になった。

背伸びしてYT週テスト用問題集を解くのは一度やめた。

 

基礎に戻って、授業で習った予習シリーズの問題を解く。

何度も解くのではなく、丁寧に丁寧にと心がける。

一問ずつ解いて、二人でノートを広げて、丸付けをする。

 

分からなかった問題、躓いた問題はノートを見ながら

私が白紙に書きながら、整理したり、説明していく。

慎重に、慎重に、まずは授業内容をしっかりとマスターするようにした。

 

散々予習シリーズを解いた後で、

最後にYT週テスト用問題集Cコース用の問題の中で

基本問題だけを解いた。

 

国語は敬語。物語文。

先週までの俳句や短歌に比べたら、かなり取り掛かりやすい内容だったし

お友達と点数を競っていることもあり、自発的に国語もやろうと言ってきた。

私も説明がしやすかったし、さほど時間をかけずに済んだ。

 

理科は「大地の変化」。

苦手な単元だろうと思って心配していたが、授業で呪文を覚えてきて

それはそれは楽しそうだ。

 

「『リュウザン、アンザン、ゲンキナコ、Kセンセイ、ハンゴロシ!』

って授業で習った!」と娘は大笑いしながら伝えてくれる。

楽しそうだ。

 

「ちょっと、それK先生に失礼過ぎでしょ!そうだな。
リュウザン、アンザン、ゲンキナコ、Kセンセイ、ハンサムダ』って覚えるのはどう?」と言うと

 

「えー!やだよーハンサムなんて言うのー?」と娘も返し、二人で笑う時間もあった。

 

こうやって勉強しながら笑ったのは久しぶりだった。

ずっと緊張感がある生活だったので、久しぶりに幸せだと思った。

 

お友達のライバルでありたい気持ちがうまく作用し

今までの様に、キレたり怒ったりしている時間のロスない分、

淡々と進めることができた週だった。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ