不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小5、冬。第8回組分けテスト偏差値とクラスアップの電話

<第8回組分けテスト結果。念願のクラスアップ>

組分けテストの偏差値が出た。

とうとう算数が偏差値60を越えた。

そして理科は偏差値64だ。

快挙に心が躍る。

 

国語は下がってしまったが、

今回は社会も奮闘した為、4科目偏差値も58だった。

 

<第8回組分けテスト偏差値>

算数 152点/200点中   782位/5367人中 偏差値 60.08
国語   66点/150点中 2968位/5367人中 偏差値 47.89
理科   95点/100点中   226位/5246人中 偏差値 63.74
社会   70点/100点中 1798位/1023人中 偏差値 54.91

4科目 383点/550点中  1190位/5127人中 偏差値 58.19

 

早稲アカからはすぐに電話がかかってきた。

娘の長い間の願いが叶い、ようやく上のクラスへ行くことになった。

 

夏の合宿で出会った友達の大半は、既に上のクラスに上がってしまっていた。

ようやくみんなと会える、また一緒に授業も受けられるし、夢みたいだ。

と娘は嬉しそうだ。

 

理社についてもクラスアップのお電話をいただいた。

しかし、K先生の補習を手放すわけにはいかない。

K先生がいらっしゃるから、ここまで娘の理科は伸びているのだ。

他の先生で同じ様に楽しみながら学習できるとは思えなかった。

 

理科を死守する為、前回同様丁寧にお断りした。

 

本音を申し上げて、先生方の間で角が立つと困るので

「全ての科目がクラスアップして、ついていけなくなると困るので」と

言葉を選んでお断りしたが、

やはりクラスアップを断る人などいないのだろう。

なかなかOKを頂けなかった。

 

押し問答の末、何とかご理解いただき、

クラスアップせずにそのまま理社はステイになった。

 

国語は今まで私の心のオアシスだったY先生から別の先生に変わる。

私も今までの様にはいかない。

 

何より算数だ。

娘が今までお世話になったH先生はお若い先生だが、

上のクラスの先生は、お見掛けする限り大ベテランの先生になる。

威厳があり、気軽に話しかけることができない。


ちょうどこの頃、仕事関係で知り合った現役大学生の方が

娘と同じ早稲アカ出身と聞いた頃だった。

 

クラスアップ後の娘と同じクラスだと聞き、

更には今後お世話になる、K先生の教え子だったと伺って、盛り上がった。

 

「今はもう、K先生が懐かしくて友達と会いに伺っています。」
「でも、当時は先生が怖くて怖くて。緊張して質問が一回もできなかったんですよ。」とその方がおっしゃっていたのが記憶に新しい。

 

娘の場合は、先生の雰囲気が怖くても、

頑張って質問させていただける環境をつくらなくてはいけない。

 

まずは、礼儀正しくきちんとご挨拶をしなくては、そう思いながらカレンダーを見つめた。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ