不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小5、冬。私から動こう。クラスアップ後、初めてK先生へのご挨拶に伺う

<K先生へのご挨拶。ガチガチに緊張する私>

初回の授業で大泣きした翌日、改めて娘と話した。

娘がクラスアップを強く望んだから応援してきたのだが

やはり元のH先生のクラスに戻りたいと言うかもしれないと思ったからだ。

 

意外なことに娘はきっぱり言った。

「クラスダウンなんて希望するわけないじゃん。やっと入ったんだから頑張る。
私、絶対に〇〇中に入りたい」

 

1年かけて沢山の学校を見学したこともあり、

小5のこの頃には、娘の中でどうしても入りたいと思っている学校があった。

 

その学校に入る為には

「やっと入れたこのクラスに、ついていける様にならなくてはいけない」

と言うのだ。

娘の意志は固かった。

 

そこまで腹が決まっているのであれば、

私も家でうだうだ言っている場合ではない。

 

『今日のお迎えは私が行きます』と夫にLINEを打って、

まずは私がご挨拶に伺うことにした。

 

早めに迎えに行くと、K先生は電話をなさっていた。

娘と同じくらいだろうか、小6だろうか、

女子が最上位クラスの先生に質問したいと言っていた。

 

塾慣れしているというか、はっきりと話し、テキパキしていて素敵だ。

いつか娘もこんな風に質問できる日が来るのだろうか。

 

やがてK先生の電話が終わった。

今か?いや、先生が電話後のメモを書き終えたタイミングだろうか。

そんなことを考えながら少しずつ近付く。

 

なるほど、娘がガチガチに緊張するのも分かる気がする。

人見知りしない私ですら、躊躇しているのだ。

 

意を決して先生に声をかける。

「K先生。今よろしいですか」

 

先生がこちらへいらっしゃる。

「はじめまして。この度お世話になることになった満月の母です。

よろしくお願いいたします。

私か夫が毎回迎えに来ておりますので、いたらぬ点がございましたら、

ご指摘いただきたいです。よろしくお願いします」と言って頭を下げる。

 

ここまで言った私はK先生の優しい返事を勝手に想像していた。

 

しかし、「Kです。こちらこそよろしくお願いします。

早速ですが、満月はどうも前の回の授業を理解できていないようです。

それでは困ります。

質問に間違えても良いのですが

前回までに習ったことは、必ず押さえといてもらえないと」

と、ぴしゃりとおっしゃった。


先生のベテランオーラに圧倒された私は

「かしこまりました。至急対応します」と、か細い声で言うのが精いっぱいだった。

 

そこへ先ほどの女子二人が私に話しかけてきた。

「もしかして満月ちゃんのママですか?」


女子に答える前に「私はこれで」と先生が席に戻られたので

「はい。そうです。満月のママです」と答える。


「えー!かわいーー!」

 

そう言って二人は去って行った。

 

先生とお話している最中で焦ったが

この時の女子二人には、本当に救われた。

 

女子の「かわいー!」は挨拶の様なものだが、心が和み

優しい顔で娘を迎えることができたのだった。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ