不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小5、冬。クラスアップ後。K先生との間にある1万マイルの距離を縮めたい。

<K先生との距離一万マイル>

「人と同じことをしていたら間に合わない」

それが娘が受験する時、最初に決めたテーマだ。

 

他のお子さんは低学年から勉強する習慣をつけ、

少しずつ塾へ通い、基礎から固めている。

 

小5から始めた娘が、その中でやっていく為には

同じ階段を上っていては、間に合わない。

多少いばらの道であっても、人とは違う道を通らなくてはならないのだ。

常にそう思ってやってきたし、娘にも言っていた。

 

ならば、今大事なことは、

K先生と一万マイルに感じる距離感を縮めることではないだろうか。

 

先日お会いした女子達は、娘に聞いたところ同じクラスで、

娘が憧れているお友達らしい。

でも、あの時別の先生に質問をしていたのだ。

 

チャンスじゃないか。

私の直感では、K先生と娘とは絶対に相性が良いと思った。

先生に質問したり、テストの結果をご報告できる様な関係を築ければ

K先生は娘にとって、心から頼れる存在になるはずだ。

 

しかし、娘は当分緊張が解けないだろう。

 

ならば、まず私達夫婦が

先生と信頼関係を結べる様に動けば良いのだ。

 

早稲アカへは、理社の授業を含めると、週3回迎えがある。

念の為、二度目も、私が迎えに行くことにした。

これは先生に私の顔を覚えて頂くことが目的だった。

 

先生とお会いするのは早稲アカの校舎内とは限らない。

当時は複数の校舎があった為、移動途中の先生にお会いすることもある。

先生とお話しできるチャンスは一度も逃したくなかった。

 

夜道でも目立つように、明るい色のコートを着るようにした。

そして、常に同じ印象になる様、服装を選んでお迎えに向かった。

 

先生は、電話をされていた。

娘を待っている間、K先生と何か一言話そうと思うと、やはり緊張してくる。

「大丈夫。私は先生のクラスの生徒の母だ」、そう心の中で唱える。

「臆することなんてない」とも心の中で繰り返す。

いつの間にか緊張感が薄れていた。

 

嬉しいことに、先生は私を覚えていてくださった。

「こんばんは。満月は片付けをしていました。そろそろ出てきますよ」

そう言ってくださったのだ。

 「よし!」と心の中で思った。

私を覚えてもらうミッションはこれにて終了だ。

 

次は夫の番だ。夫に迎えをお願いする。

夫は営業職ということもあるが、人当たりがとても良い。

誠実な人柄もあり、年上の方から信頼されることも多い。

厳しかった私の亡き父も、夫のことをとても信頼し可愛がっていた。

 

夫と娘と帰宅した後、走り出て夫に聞く。

「どうだった?」

 

「うん。先生忙しそうだったけど、挨拶したら話をしてくれたよ。

顔は、ばっちり覚えてもらえたと思う。

約束通り、『何かありましたら、お知らせください』って話も、ちゃんと言ったよ。

やっぱり、さすがベテラン先生。安心感があるね。」

 

と夫は言っていた。

顔さえ覚えていただければ、

夫は背が高くて目立つので、夜道、外で先生にお会いしても大丈夫だろう。

 

初回に比べて、少しずつ距離が縮まっているように感じた。

こうして親ご挨拶ミッションは無事に完了することができたのだった。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ