不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

【週末番外編】受験前の皆様に役立ちそうな小話132_面接試験の中止に思う事

<緊急事態宣言と面接試験の中止>

いかがお過ごしでしょうか。

小学6年生の皆さんは、いよいよ受験が始まりましたね。

 

先日、いつもとても勉強になる記事を書いていらっしゃる、

99.9様のブログを読んで驚いてしまいました。

juken2021.hatenablog.jp


緊急事態宣言を受けて、面接試験を取りやめにすることにした学校が多くあるそうです。

 

驚いて色々な学校のホームページを見ました。

99.9様の昨日のブログでお話があった女子学院、雙葉、横浜雙葉、頌栄女子学院の他に

 

立教女学院早大学院、フェリス、横浜共立も去年中止を発表しているのだそうです。

(99.9様 貴重な情報ありがとうございます!)

 

※99.9様に更に新たな情報をいただきました。桜蔭の面接は口頭ではなく筆記になったとのことです。

 

感染者が増えているや、緊急事態宣言がこういう形で影響するとは意外でした。

私も娘もビックリしてしまいました。

 

個人的な意見ですが、それぞれの学校側としては、

かなり悩み思い切った判断でいらしたのではないかと思います。

 

娘が小学6年生の時、受験生である時は、

受ける側ですから、学校にとっての面接の重要さが分かっておらず

何を着て行こう、どう話そう、午後受験校はどうしよう

そんな風に、面接を受けるにあたって、どうしたら良いかを常に考えていました。

 

今回の面接試験が中止になっている学校があると聞いて驚くのは、

在校生の母として、もう2年経った今だから、思えることがあるのかもしれません。

 

受験生と在校生とは

学校に対する考え方も変わっていますし、

受験した数日間の間でも、変化がありました。

 

私達親が感じた変化もありますし、

娘が受験時にお会いした方との出会いから

変わった学校もあります。

 

また、娘が入学した時の先生のお話も深く印象に残っています。

 

「これからはお嬢さんのお母様というだけではなく、

『この学校の母』という思いで見守っていただきたいです」

 

そのお話を伺い、そうか、私は娘の母親なだけではなくて、

これからは、この学校の母という意識を持つべきなのか。

驚くと同時に、その言葉は深く心に刻まれました。

 

夫も同じ気持ちだった様です。

以来、どこでも制服姿を見れば、そっと見守る様になりましたし

娘のお友達はもちろん、部活動においても、学校からのお願いも

自分達親が学校に貢献できることがあればしたいと、

積極的に思うようになりました。

 

コロナ禍に、大変な思いをして今から頑張って受験され

入学していらっしゃる来年の中学1年生さんですから

一緒にその学校の母(父)となって、在校生を守ってくださる親御さんに違いない、

色々悩まれて健康を考え、面接試験を取りやめた各々の学校もきっと大丈夫、願いも込めてそう思っています。

 

さて、来週は関東もかなり冷え込みそうです。

雪が降る可能性もあるというニュースもありましたね。

私は娘の受験時に、OUTDOORの防水ブーツも買いました。

今でも年1回は使うので無駄になってはいないです。

私が持っているのはこちらの色違いです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ショートブーツ レディース ファー 防水 靴 OUTDOOR PRODUCTS ...
価格:8800円(税込、送料別) (2021/1/9時点)

 

 

その他、最近気になることとして、

心なし、緊急事態宣言が出てから、日没後に外を歩く人の表情が険しい気がします。

 

塾の帰り道は夜が遅いですから、

お子さんの塾の行きかえりなども、どうぞお気をつけてくださいね。

 

今週も頑張りましょう。

私達も頑張ります。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ