不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小5、1月。最後の組分けテスト。2科目偏差値65を超える。

<小5、最後の組分けテスト偏差値。1年前との比較>

最後の組分けテストは自己採点より国語が高く、思った以上の偏差値が出た。
娘は飛び上がって喜んだ。

 

点数と偏差値、その横に『→自己ベスト』と書いた付箋を握り
先生のところへ飛んで行った。

 

算数  160点/200点中 順位408/6078人中 偏差値63.04(自己ベスト)
国語  115点/150点中 順位4711/6078人中 偏差値63.04(自己ベスト)
理科  69点/ 100点中 順位2727/5943人中 偏差値51.59
社会  68点/ 100点中 順位2566/5827人中 偏差値52.63

2科目 275点/350点中 順位303/6078人中 偏差値64.8(自己ベスト)
3科目 344点/450点中 順位612/5943人中 偏差値62.0(自己ベスト)
4科目 412点/550点中 順位942/5827人中 偏差値60.15(自己ベスト)

 

国算の偏差値が65!

国語も算数もそれぞれ偏差値63を越えた。

こんな日が来るとは思ってもみなかった。

 

理科がここ最近の勢いが出なかったことはやや残念だが、

それでも3科目偏差値は62だし

4科目偏差値も60以上だ。

 

一体一年でどれ位伸びたのだろう。
小5初めての組分けテストを引っ張り出す。

 

第一回
算数偏差値46 国語偏差値36 2科目偏差値42。


算数の偏差値は17ポイントアップ、国語は27ポイントアップ

2科目偏差値は23ポイントアップだった。

 

職場の方に声をかけられない様、ハットを被って変装したり

ランチタイムを放棄して予習したり、仕事と予習とで必死だった頃だ。

www.mangetsu-mama.com

 

 

理社も大きく伸びた。

第一回は、理科偏差値51 社会偏差値30 4科目偏差値40
社会の偏差値も22ポイントアップ、4科目偏差値は20アップだ。

パパ塾の時代か。そんな時代もあったと懐かしい。


思い返せば長い小5だった。

 

受験を始めたばかりなのに、
毎回多くの単元を習う為、授業についていくことに必死だった。

 

秋以降、YT週テストを始めてからは、

毎週テストがあるプレッシャーに押しつぶされ

娘が暴れたり、ベランダに立てこもったり、裸足で外へ飛び出して行ったり

テキストを奪い合ったり、泣いたり、叫んだり数々のドラマがあった。

 

その都度、こちらも疲弊し

何度も「受験しなきゃ駄目なのか?」と思った1年だった。

 

変わったのは偏差値だけではない。

在籍するクラスも、2つ上がった。

 

何度もお腹を下しながら、ようやくK先生に自分から声をかけて質問をする勇気を持てるようになった。

 

合宿を通して、尊敬する友達ができた。

 

「理科は得意!」と言い切れるほどの自信と、理科への興味を持つことができた。

 

K先生の『質問時にヒントを下さる』ご指導から、粘り強く考える力がついた。

 

振り返ると、娘の成長に目を見張る一年だった。

本当によく頑張ったと目頭が熱くなる。感無量だった。

 

今後もこの調子で、しっかりと足元から固めていきたい、そう思った。

受験勉強をした2年間で合格発表の次に幸せな時期だった。

  

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ