不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

【週末番外編】週末小話148_反抗期の娘の様子から考えるセロトニン不足。太陽の光を浴びること、リズム運動をすること

<反抗期の娘2_娘と祖母>

いかがお過ごしでしょうか。

 

昨日最後の合格発表が出たのではないかと思います。
本当に皆様、お疲れ様でした。

どうぞゆっくりなさってくださいね。

引き続き、繰り上げ合格を待つ皆様の吉報をお祈りしています。

 

さて、昨日、反抗期の娘との話し合った「守ること」について書きました。

 

今度は、私の母(娘からすると祖母)と娘の話をしようと思います。

 

私達は父が他界してから、母と同居しています。

母は年齢も気も若く、毎日フルートを吹いて、週4ジムへ行き、
ゼミ仲間と勉強したり、退職した職場でボランティアをしたりする様なアクティブな人です。


娘は一人っ子なこともあり
母が(娘の)お母さんで、私がお姉さんの様な関係であることも多くあります。

娘は母と一緒に寝ていて、一緒にいる時間も長いですが、
二人の関係は極めて良好です。

 

娘と話し合う前、母に最近の娘について私の悩みを話しました。

母は「難しいよねぇ。そういう年齢だもんねぇ」と言っていたのですが、

 

翌日娘が

「ばぁばと歩いて恵方巻買ってきていい?遠いし荷物も重たいし」と言いました。

 

そこで、はっ!と気が付きました。


昨日の今日です。

おそらく、母は娘に太陽を浴びさせることや、体を動かすことを考えてくれているだと。

 

娘は娘で、私と「守ること」について話したばかりですので

こちらも早速おばあちゃんの荷物を持ってあげたいと思っているのだと。

 

「ぜひお願いします。恵方巻か、ママはイクラとマグロが良いな!」と明るく見送りました。

1時間ほどして「ただいま!」と二人は元気よく帰ってきました。

その後は明るく、やる気に満ち溢れて勉強をしていました。

 

娘は先週入試で学校がお休みだったのですが、

夫が朝のジョギングに誘っても「寒いから嫌」と腰が重く、

どんどん引きこもってしまっていたのですよね。

 

宿題は山の様に出ていますが、ダラダラとやっているだけ。
メリハリなく、ぼーっとした感じですし、イライラも激しかったのです。

 

ところが、母と毎日1時間のお散歩を続けるうちに

「昼間ってあったかくて気持ちがいいね!」とか

「私お買い物が好きだから、お散歩のついでにお買い物って楽しい」とか


「今日は青空が綺麗だったよ」とか


「明日のお昼はエビチリ作ってみようかな」と前向きになり始め

 

「明日の勉強早く終わらせるから謎解き(リアル脱出ゲーム)しに行こうよ」

と勉強面にも変化が出てきました。

 

リズミカルな運動、太陽を浴びることによって、セロトニンが増え(活性化し)ます。

セロトニンは幸せホルモンとよく言われますね。


ストレスやイライラした気持ちを抑え、安定して安らかな状態にしますし、心地よい眠りを促してくれます。

 

この母のアプローチは大変効果があり、娘は再び別人の様に良い状態に戻りました。

 

睡眠不足の時同様、『反抗期だから仕方ない』と、今回もまた私が勝手に諦めていたのですね。

www.mangetsu-mama.com

それ位、反抗が続いて、私の気持ちが折れていたことも確かですが、

全てが反抗期の問題ではないのですね。


深く反省し、改めて『体を整えることの大切さ』を知る良い機会になりました。

 

さて、いよいよ新小5、新小6の皆様は新しい学年が始まりますね。

明日から回顧録も再開しますので、どうぞよろしくお願いします。

 

季節の変わり目、どうぞお体お愛い下さいね!

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ