不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

新小6直前期。クラスアップの話。娘の意見を聞く。

<どうするクラスアップ>

K先生のおっしゃった

「お母さん、『かわいい子には旅をさせよ』という言葉があるじゃないですか。

満月にも旅をさせましょう。」いう言葉に、私は返すことができなかった。

 

娘は何と言うだろう。

そういえば今のクラスに上がってから

一度も「クラスアップしたい」とか「クラスアップの為に頑張る」という類の言葉を聞いていない。

 

ここまで大きな判断は娘の意志を尊重してきた。

「受験をしたい」と言い出した時も

「〇〇中を目指したいから、今のクラスに入りたい」と言いだした時も。

 

今はどう考えているのだろう。

 

「先生、それでは一度娘と話す間お時間をいただけないでしょうか」と伺うと

先生は「ご連絡お待ちしています」とおっしゃったが、

『NOという返事はなしですよ』という無言の圧力を感じた。

 

「このクラスにいたい」という気持ち以上に、トップクラスに対しての抵抗感があった。

どうも嫌な予感がするのだ。

 

私は自分の第六感を頼りにしていて、大概の場合それは当たる。

その第六感が「今のクラスに留まるべきだ」と言っていることは間違いない。

 

しかし、今回は自分のことではない。

それはただの過保護なのだろうか。

 

電話を切ってから「かわいい子には旅をさせよ・・・」と念仏の様に繰り返した。


結局、私は言葉を選びながら娘に伝えることにした。

 

クラスアップの電話が来たと聞くなり

「嫌だ、嫌だよ。クラスアップしたくない。やっと入ったクラスなんだよ。

やっとついていけるようになってきたところなんだよ。」と娘は言った。

 

やはりそうか。望んでいなかったのか。

 

「うん。そう思って何度もお断りしたんだけれど、

K先生が『かわいい子には旅をさせよ』っておっしゃるからママも考えちゃって」

と言うと、娘は黙り、どういう意味かと訊ねてきた。

 

「先生方としては『まだまだ伸びる可能性がある』と期待していらっしゃるってことだと思う」と正直に私は答えた。

 

娘は黙っていた。

そしてようやく言った。

「わかった。先生が期待してくれているなら、私頑張ってみるよ」と。

 

予想外だった。

しかし娘が決めた以上これ悩んでも仕方ないので、すぐにK先生に電話をして伝えた。

 

トップクラスか。

そこは低学年から下積みをしているお子さん型の中でも

桁違いに優秀なお子さんが揃ったクラスなのだろう。

早稲アカのポスターのトップページにある大きなフォントで書かれた

御三家や同等のレベルの学校を受験する方の軍団だ。

 

授業のスピードも理解力も違うに違いない。

一年前は偏差値35だった娘が入って潰されないだろうか。

 

今までのクラスアップと違い、私の心は重かった。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ