不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

新小6スタート。最初の組分けテスト結果。異動した先生に届けたい、理科への思い。

<組分けテスト小6第1回>

ギリギリの組分けテスト対策、クラスアップからクラスダウンの話。

慌ただしい日々が続いた。

テスト当日まであっという間だった。

 

先月、小5最後の組分けテストが終わってから

もう何か月も経ったような気がした。

 

当日の娘は落ち着いた状態で試験会場へ向かい帰宅した。

緊張による腹痛はなかった。

 

「おかえり」と迎えると、こちらが口を開くより先に娘が言う。

「難しかったよ。とりあえず自己採点しよう」

自信はなさそうだが、きっぱりと言った。

 

受けっぱなしでテストを放置するのではなく、

帰宅後にテストを再び開き、自己採点しようとする前向きな姿勢が嬉しい。

再び娘が意欲を取り戻していると分かり、私にとってはそれだけで十分だった。

 

自己採点の結果は娘の手応え通りだった。

 

まず算数は苦手な範囲の中でも善戦し136点。

今回の試験範囲と、この1ヶ月抜け殻の様な状態で生活していたことを考えるとかなり頑張った。

 

異動したK先生の為にも、絶対に良い成績を取ると宣言していた理科は82点。

こちらは上々だ。

 

国語と社会も思いの他奮闘した。

 

今回は事前に目標点数を決める余裕がなかったので

自己採点後も落ち着かず、偏差値の結果を待つ日々が長く感じた。

 

<組分けテスト 小6第1回結果>
算数  136点/200点中 順位1040/6211人中 偏差値58.98
国語    90点/150点中 順位1623/6211人中 偏差値56.31
理科    82点/100点中 順位  384/6086人中 偏差値66.05
社会    68点/100点中 順位2641/5948人中 偏差値52.54
4科目  376点/550点中  順位1112/5948人中 偏差値59.46

 

理科だ!

理科がここで今までの苦労が報われ、自己ベストを出した。

偏差値66を超えたのだ。

娘は飛び上がって喜んだ。

 

「よっしゃーーー!!!きたーーーー!!!!」と娘は叫んだ。

 そして「あーー!!先生に伝えに行きたいよー」と先生の異動を悔しがった。

奇しくもあと1ヶ月足りなかった。

 

しかし、娘のこの願いは、ずっと先に報われる。

そう、2/1。

他校の応援としてやってきた理科のK先生と再会できるのであった。

 

続いて算数だ。

こちらも偏差値59。

地道に文章題を解いた直前のテスト対策が大きかった様だ。

 

これで胸を張ってクラスダウンし、

受験当日までK先生にしごかれるのが娘にとって幸せだろう※。

 

四科目偏差値も59を超えた。

長い一ヶ月だったが、小6最初のテストとして

気持ち良いスタートを切ることができた。

 

※移動になった理科のK先生と、算数のK先生は別の先生です。

  

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ