不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

新小6スタート。悩ましい志望校選び。小5時代の志望校選びを振り返る。

<志望校選びについて1>

ここで一度志望校についてまとめる。

 

唐突に受験したいと娘が言い出した当初、夫は受験に反対だった

夫の住んでいた地域では圧倒的に公立へ進むのだそうだ。

www.mangetsu-mama.com

そこで最初の学校見学は、夫が好きそうな都立大泉高等学校附属中学校へ行った。

夫も気に入り、受験に前向きになっていった。

www.mangetsu-mama.com

www.mangetsu-mama.com

 

その後次の壁にぶつかる。

都立一貫校は、受験日がたった一日しかないことと、その倍率だ。

 

娘は別の学校へ行きたいということから受験することが始まったので、

一回の受験で駄目だった場合、公立へと言う道は難しい。

 

徐々に私立へ視点が移り始めた。

 

基本的には、私が見学や説明会に行き、感じた内容を夫に報告した。

その中で、特にぴんと来た学校に関しては、プレゼンするように夫に話し

徐々に一緒に来てくれるようになった。

 

東京の私立中高一貫校は驚く程沢山ある。

 

東京で生まれ育った私が学生だった頃と、偏差値が大きく変化していたし

以前あった学校がなくなり、新しい学校が誕生していることもあった。

(例えば渋谷女子はなくなり、渋谷教育学園渋谷中学高等学校という名門校が誕生していた。)

 

無数にある私立見学の中で、役に立ったのがこの本だ。

中学受験 大逆転の志望校選び 安浪京子


本には、

大学附属校、共学校、男子校、女子校、それぞれの『校風マトリクス』が作ってある。

縦軸が「革新・体験」⇔「保守・知識」

横軸が「自主性」⇔「管理」になっている。

 

例えば縦軸が「保守・知識」、横軸が「管理」の側にある学校は、

「規律やルール重視で予備校型の知識教育を面倒見良く行う」とある。

 

何度も足を運んだ富士見中は、校風マトリクスでは、予備校型の場所に位置している。

 

予備校型と聞くと、管理されて自主性がなくなるのでは?という印象を得る人もいるかもしれないが

実際に先生のお話を伺ってみるとそうは思わなかった。

 

印象的な話として「学習計画表」や「学習記録表」を提出させているという話があった。

これを自宅側でやるとなると、大変だろうなとお話を伺いながら思う。

 

先輩ママさんから、聞く話として反抗期の大変さがあるからだ。

反抗期の他に中高一貫校へ進学すると高校受験がない為、

中だるみするお子さんも多くいるそうだ。

反抗期や中だるみして勉強しないと、高校へ進学できない学校もある。

 

親のいうことは聞かないし

ビックリするほど勉強しなくなる子も出てくるという話だった。

 

しかし、例えば学習計画にしても、富士見中の様に学校から課題として出されれば、

仮に面倒だと思っても、友達とワイワイ不満を言いながらやるうちに

いつの間にか習慣づくのではないか。

そして自分で管理できるように徐々になっていくのではないかと

私としては予備校型に属する学校にも、良い印象を得た。

(その2に続く)

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ