不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

新小6。悩ましい志望校選び。小5時代の志望校選びを振り返る。女子校編その2

<志望校選び_女子校その2>

志望校を見学に当たり、私達はこの本を参考に話をした。


安浪京子さんの本から考える①

www.mangetsu-mama.com

安浪京子さんの本から考える②

www.mangetsu-mama.com

安浪京子さんの本から考える③

www.mangetsu-mama.com

 
一方で女子校の詳細について、参考になったのがこちらの本だ。

女子校育ち 辛酸舐め子

 

 

この本についての前半はこちら。

ニュートラル系」の中で、「モテ系」までを書いた。

www.mangetsu-mama.com

 

 

同じく「ニュートラル系」の中で残る二つを書いていく。

 

「良妻賢母系」は大妻、共立、実践女子などの名前があった。

「古風な校風で、校則も厳しく、親にとっては入れたら安心な学校(中略)

塾や男子校の文化祭など外の世界ではじけて、青春を謳歌。(中略)

彼の親にも評判が良い」とある※。

なるほど、上記の学校を卒業した友人はまさに良妻賢母。辛酸さんのイメージと近い。

 

「温室・夢見がち乙女系」は普連土、香蘭などが書いてあった。

「人数が少なくアットホームな雰囲気で、密度の濃い友情を育てる(中略)

派閥の勢力争いやいじめもなく、まさに温室の様な環境で過ごせて、

おっとりしたお嬢様オーラが身に付けられる」とあった。※

夫が望む「のびのび」はここが近いのかもしれないと思った。

その後見学に行ったが、予想通り夫は気に入った。

 

最後に「お嬢様系」を見ていく。

「お嬢様系」は雙葉や白百合などお嬢様学校のイメージがある学校の名前が並ぶ。

カトリックで規則が厳しく、シスターもいじわるで、小学校から上がってきた生徒がいばっているという。女性だらけの閉鎖的な空間で処世術を磨く」とあった。※ 

 

ちょっと辛口で驚いた。

ただ、処世術を磨けるという話は私も何度か聞いたことがあった。

例えば、生徒同士の時の顔と大人がいる時の顔、ふざけて良い時の顔といざという時の顔、応じたマナーや服装など、さっと切り替えできるという話も聞いたことがあるので、

こちらもなるほどと思う。

 

「深窓お嬢様系」は学習院女子や横浜雙葉などの名前があった。

「お嬢様なので皆おしとやかだという印象があるけれど、小学校から上がってきた生徒のうち、

活発で万能タイプが勢力の中枢に。(中略)

皆一見地味だけれど、よく聞いたら庭師がいたり、お正月は毎年海外だったりして、格

差を感じ始めるとつらくなる環境」とあった。※

 

確かに学習院女子は、都心にありながら運動設備が整っているし、綺麗で大きなプールでは真冬の授業でも泳ぐと聞く。

スーパーお嬢様学校のイメージしかなかった私は、学びだけではなく、体を整えることも必要なのかと随分と驚いたものだった。

健康管理をきちんとなさっているとよく話に聞く今の天皇陛下のイメージに近い。

 

本には女子校育ちである著者の辛酸さんの気持ちも込められており

時には驚く表現もあったが、全体を通して表現が面白かったし勉強になった。

 

ただ女子校を知らない夫が読むと、思わぬ方向に転じてしまう恐れがあったので、

見せても大丈夫そうな、表の部分だけを見せた。

 

こちらも志望校選びにおいて、かなり役に立った本だった。

 

引用:

辛酸なめ子著 女子校育ち より

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ