不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

新小6スタート。合不合判定テスト初回

<新小6スタート。合不合判定テスト1回目>

キレやすく精神的に不安定だった娘も、春休みが終わる頃には安定し始めた。

そんな矢先の合不合判定テストだった。

 

YT週テストや組分けテストと違い、全範囲から出題されるので、

これといった対策はしなかったが、

小5のテキストを見て不安なところがないか、チェックはしておいた。

 

志望校登録はあまり深く考えず、

娘が熱烈に志望している学校と、夫が一番気に入っている学校、

そして私が気になる学校を一通り書いた。

 

合不合判定テストの合格率はどうなのだろう。

偏差値については、ある程度立ち位置を知る上で必要と思う。

しかし、志望校の合格率に関しては、正しい判定とは思えなかった。

 

出題される傾向が学校によって違うのに、

模試で合否の何がわかるのか?と自分が学生の時代から思っていたし

実際周りの人を見てきても、必ずしも合格判定が正しいとは思えなかったのだ。

 

冠校のそっくり模試の様に、出題傾向をしっかりおさえ、かつ、

その学校を受験する人のみが受けているテストならば

その数字を信じるが、合不合判定テストはそうではないのだ。

 

そういった経緯があり、私の気持ちは緩んでいた。

 

塾にとって大切な視準になるとは思ってもみなかったし、

同時期にNN雙葉の入塾テストもあったので、流されるように当日を迎えた。

 

NN雙葉は雙葉を目指す人の為の日曜特訓のクラスだ。

クラスダウンし、志望校を見直した今、もう受けなくても良いのだが

一度「こうする」と決めたら、逃げることが嫌いな娘の性格により、受験することにしたのだった。

 

私が組分けテストの様に気持ちが入っていない一方で、娘は久しぶりのテストでかなり緊張していた様だ。


当日の朝、久しぶりに朝の腹痛が始まった。

 

娘は同級生と比べると圧倒的に小柄で幼いが、

こうして腹痛でうずくまっている時は、もっと小さく見えて痛々しく私も辛い。

 

白湯を出したり、ビオフェルミンを飲ませたり薄手のシルクの腹巻を付けたりしながら「大丈夫だよ」と繰り返した。

 

出かける仕度をした娘が、玄関先でハッとして私に聞く。

「ママ!トーナメント戦と総当たり戦のやつ、どうやって解くんだっけ?」

 

私が口を開く前に、夫が「もう時間がないから行こう」と促す。

バタバタしていて気が付いていなかったが、いつの間にかギリギリだった。

 

「後で携帯に送るね!電車で見て!」と言って送り出し

 この記事と、手書きのまとめの写真を撮って送った。 

handrock.blog.jp

 

久しぶりの腹痛が心配な朝だった。

  

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ